埼玉県」タグアーカイブ

(参加者募集)【研修】2021.11.7 当会主催研修会「教えて!中学卒業後の学校!」

埼玉県の知的障害特別支援学校高等部は普通科のほかにも、さいたま桜高等学園・羽生ふじ高等学園をはじめとした各種職業科の高等部単独設置校、普通科と職業科がある入間わかくさ高等特別支援学校・県立高校敷地内に今年春に開校した戸田かけはし高等特別支援学校(普通科)、そして県立高校内に設置されている分校(今年春に開校した松伏分校を含め現在4校)等、様々な特色があります。
しかし、我が子が入学する・入学を検討している以外の方にとっては情報が入らず、それぞれの学校がどのような学校なのか知らないというのが現状ではないでしょうか。

そこで、今回は埼玉県教育局県立学校部特別支援教育課の先生をお迎えし、中学卒業後の県内知的障害の特別支援学校高等部についてお話いただく機会を設けました。
将来の見通しを持ちたい方、子どもは卒業した年代だけれど高等部の現在を知りたい方まで、ご参加いただけます。一緒に学びませんか?ご参加をお待ちしております。

日時 令和3年11月7日(日)10:00~12:00 (受付9:45から)
Zoomにて開催(お申込みいただいた方に入室IDをご連絡します)
※資料はPDFデータでの配布を予定しております。(印刷等が難しい方はその旨ご連絡ください)
参加費  当会会員無料  非会員1000円(事前に振込支払いをお願いします)
〆切 令和3年10月24日(日)

申込先 kensyu◆as-saitama.com (◆の部分を@に変えてお送りください)
以下の内容を上記メールアドレスまでお知らせください。

  1. 参加者お名前
  2. 地区名(会員の方)またはお立場(非会員の方)
  3. 当日使用するデバイス
  4. ③のメールアドレス
  5. 連絡先TEL
  6. Zoom画面で表記希望されるお名前(①とは異なる表記の場合。表記変更はご自身でお願いします)
  7. 質問がございましたらお知らせください。

    チラシはこちらから 202111「中学卒業後の学校」オンライン研修会

【ワクチン接種支援ツール】 埼玉県立入間わかくさ高等特別支援学校 地域支援・連携部通信「リンク第5号」に掲載いただきました

埼玉県立入間わかくさ高等特別支援学校 地域支援・連携部が発行している通信「リンク第5号」(2021.8.5発行)に、当会で公開している視覚支援ツールのご紹介をしていただきました。
情報を公開してから16歳以上の方が接種対象となったため、「特別支援学校高等部の生徒さんとその保護者さんに情報が届きますように」と思っていたところです。
学校からの情報としてご紹介いただけたこと、そして、通信にも記載されていますが
「ご連絡いただければ、お子さんに合った支援ツールをご一緒に考えさせていただきます」という特別支援教育コーディネーターの先生のご対応に、親として・そしてこの支援ツールを公開している立場として、心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

「埼玉県障害者ワークフェア2021」(オンライン)の開催について

埼玉県では毎年9月の障害者雇用支援月間に、労働・福祉・教育の関係機関が連携し、障害者の雇用と社会参加の一層の促進を図るための標記啓発イベントを開催しています。

今年はオンラインで開催となります。
Web上の特設ページにて、障害者雇用に関係の深い、障害者団体、就労支援施設、企業、特別支援学校、雇用支援機関の活動内容や製品の通信販売のほか、パラリンピック東京2020大会、福島県応援キャンペーンの紹介を行っています。


埼玉県障害者ワークフェア2021特設ページ
(令和3年10月末までの期間限定公開)

埼玉県・さいたま市の「自宅療養の手引き」

感染者数の拡大により、自宅療養を余儀なくされるケースが多くなっており、県内では悲しいニュースも流れています。
埼玉県とさいたま市がそれぞれ作成・公開されている「自宅療養の手引き」についてご紹介します。もちろん、かからないにこしたことはありませんが、ここまで感染が拡大していると、いつ・どうなるかわからない現実があります。
ぜひ一度お目通しいただき、準備・心づもりをされることをおすすめします。

◆埼玉県HPに「自宅療養の手引き」が公開されています。
自宅療養を行う上で留意いただきたい点や健康観察の方法、配食サービス、療養の終了基準、症状悪化時の連絡先などがまとめられています。

自宅療養の手引き(新型コロナウイルス感染症)

◆さいたま市HPにも「自宅療養の手引き」が公開されています。
自宅療養に際して、留意いただきたい点や健康観察の方法、症状が悪化した場合の対応、自宅療養の終了基準などについてまとめたものです。

新型コロナウイルス感染症の患者さんのための「自宅療養の手引き」

また、濃厚接触者と判定された方について、図やイラストでわかりやすく説明したページもあります。
新型コロナウイルス感染症 陽性者及び濃厚接触者の方へ

【ワクチン接種支援ツール】埼玉県発達障害総合支援センターホームページに掲載いただきました

埼玉県発達障害総合支援センターホームページ内「新型コロナウイルス感染症に関連する参考資料」に、当会で公開している視覚支援ツールのご紹介をいただきました。

視覚支援ツールの作成にあたっては、埼玉県発達障害総合支援センターの皆さんにご相談し、ご意見をいただきながら作成しました。
できあがった視覚支援ツールは、埼玉県発達障害総合支援センターから埼玉県内全市町村にお知らせいただきました。

埼玉県発達障害総合支援センターの皆さん 本当にありがとうございます。

【埼玉県:動画】「新型コロナウイルスと発達障害」

埼玉県発達障害総合支援センターからお知らせをいただきました。

埼玉県発達障害総合支援センターでは、コロナ禍での発達障害児・者の情報を共有するための情報発信として、当センターの市川宏伸センター長が講師の動画「新型コロナウイルスと発達障害」を作成し、6月1日からYouTubeにて配信しております。

https://www.youtube.com/watch?v=kIZWatuzOAg

広く一般に公開しておりますので、お時間のある時に、ぜひご覧ください。

【情報】ゴールデンウィークの発熱時の受診方法について

ゴールデンウィークが始まりましたが、ゴールデンウイーク期間中の発熱時の受診方法について埼玉県ホームページに記載されています。
もしもの時のためにご確認ください。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0710/hpsearch.html

【情報】埼玉県 令和3年度 発達が気がかりな子を持つ「親自身の心の悩み相談会」

埼玉県発達障害総合支援センターより案内いただきました。

新年度、発達障害に係る支援事業の一環として、発達が気がかりなお子さんを持つ親御さんを対象に下記のとおり相談会を開催します。
参加をご希望の方は、チラシ内容をご確認のうえ、お申込みください。

1 開催日 別添の案内チラシのとおり r3soudankai
2 会 場 埼玉県発達障害総合支援センター 相談室
3 対 象 埼玉県内(さいたま市を除く)に在住の発達障害やその特性のある子供(概ね18歳まで)を育てる親
4 定 員 各相談日3名(個別相談50分) 予約制
相談時間 ①13:30から14:20 ②14:30から15:20 ③15:30から16:20

5 費 用 無料
6 内 容 公認心理師による相談会
     ※お子さんの診断や治療に関する相談にはお答えできかねます

【埼玉県:オンライン開催】2021.3.29~埼玉県主催 発達障害に関する県民向け講演会

発達障害のある子ども達のこころとそだちを支える~発達障害への「僕」のまなざしと希望~
医療法人社団倭会 こころとそだちのクリニックむすびめ 院長 田中 康雄 氏

埼玉県では、発達障害に関する県民向け講演会を開催します。
今年度は、限定動画配信形式で行います。

配信期間 令和3月3月29日(月曜日)9時00分~4月12日(月曜日)15時まで
★限定動画配信のため、申込をされた方のみ視聴可能です

申込方法等詳細は、以下「埼玉県発達障害総合支援センターHP」からご確認ください。
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b0614/20200216.html