(参加者募集)2022.5.10 幼児学齢期グループ活動

会員の皆さんには「すまいる3月号」にてお知らせしておりますが、次回の幼児学齢期グループ活動のご案内です。
この会は奇数月に開催しており、お子さんの様子や近況をお話ししていただくおしゃべり会となっています。いろいろなお話を聞かせてください。お待ちしています。
(事前申込制です。当日の飛び入り参加はできません)

【お願い】
通常、会場で直接お会いして行っている活動です。オンライン実施ですが参加される方同士、お顔を見ながら会場での実施と変わりなくていねいにお話を進めていきたいと思っておりますので、参加の際はカメラをONにしていただきますようお願いいたします。
(お顔を出すことに抵抗がある方は参加をお控えください)

======
5月10日(火)午前10時~12時
中3までのお子さんをお持ちの保護者の方対象
★当事者のお子さんがそばにいらっしゃる状態での参加はお控えください。
★通信費は自己負担となります。(Wi-Fi環境推奨)
★Zoomを利用しますので、あらかじめご準備をお願いします。
======

! 申込期限を延長します !
お申し込みは5月8日(日)の18時までに、
・会員の方は埼玉県自閉症協会事務局もしくは所属地区長へメールで
・非会員の方はメールフォームで
「参加者氏名・所属地区・連絡先・当日どんなことを話したいか(あれば)」
の4点をお知らせください

参加費 埼玉県自閉症協会会員は無料
*非会員の方もお試し参加の1回は無料です。
2回目からの参加は1回1,000円となります。

参加の方には前日に入室情報をお知らせいたします。

障害者交流センター送迎バスについてご連絡

埼玉県障害者協議会よりお知らせいただきました。

障害者交流センターより、送迎バスわいわい号(青バス)が故障中のため、送迎バス2台のうち1台は車いすリフト機能のない送迎バスで運行中とのご連絡がありました。
「送迎バスのお知らせ」を添付しましたので、各団体内でのご周知をお願いいたします。

20220421送迎バスのお知らせ(リフト機能バスの運行について)

時刻表の★印のあるダイヤのバス、もしくは㏋上の時刻表で青線で記してあるバスは、車いすリフト機能があるとのことです。
下記に交流センターバス時刻表の㏋アドレスを貼り付けましたので、必要のある方はご確認ください。
http://www.kouryu.net/bus/

4/10オンライン講演会:お申し込みの方には入室IDと配布資料をお送りしました

4/10当会主催のオンライン講演会「発達障害と二次障害」にお申込みをありがとうございます。

2022/4/7 23:45投稿
4/7までにお申し込みいただいている方には、入室IDをご連絡いたしました。

追記(2022/4/9)
4/8までにお申込みいただいている方には、本日入室IDをご連絡いたしました。
併せて、お申込みいただいている全ての方に、配布資料をお送りしました。
万一、届いていないという場合は、まず、迷惑メールフォルダに分類されていないかご確認いただき、それでも見当たらない場合、事務局宛てにご連絡いただけますとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

【情報】埼玉県 令和4年度 発達が気がかりな子を持つ「親自身の心の悩み相談会」

埼玉県発達障害総合支援センターより案内いただきました。

発達障害に係る支援事業の一環として、発達が気がかりなお子さんを持つ親御さんを対象に下記のとおり相談会を開催します。
参加をご希望の方は、チラシ内容をご確認のうえ、お申込みください。

1 開催日 別添の案内チラシのとおり R4親相談会チラシ
2 会 場 埼玉県発達障害総合支援センター 相談室
3 対 象 埼玉県内(さいたま市を除く)に在住の発達障害やその特性のある子供(概ね18歳まで)を育てる親
4 定 員 各相談日3名(個別相談50分) 予約制
相談時間 ①13:30から14:20 ②14:30から15:20 ③15:30から16:20

5 費 用 無料
6 内 容 公認心理師による相談

【ワクチン接種支援ツール】3回目接種(モデルナ)用シートを作成しました

2022年3月現在、3回目の接種として武田/モデルナ社のワクチンが使われているケースが多いようですが、接種後に会場で配布される「新型コロナワクチンの【3回目接種】を受けた方へ 武田/モデルナ社用(3回目)」(埼玉県新型コロナウイルスワクチンチーム発行)につきましては、イラスト説明部分にピクトグラム表記が使われています。
ここで使われているピクトグラム表記、残念ながらASDの人たちにとっては「意味を取り違えてしまうピクトグラム」が多くあるようです。

(アナフィラキシーの疑いピクトグラム)
・冷や汗が出る・ふらつき → 必死に謝っている様子に見える
・顔面蒼白・赤く腫れる  → 頭を抱えている人に見える
・のどのかゆみ      → 頭痛
・手足が冷たくなる、全身のかゆみ・蕁麻疹 → 全身の寒気を起こしている人に見える
・腹痛・嘔吐       → 背中が痛い人が腰を反らしているように見える

(接種日以降に現れるかもしれない症状のピクトグラム)
・頭痛       → イライラしている人に見える
・吐き気・嘔吐   → がっかりしている人に見える
・疲労・悪寒・発熱 → 温泉あがりの人に見える

意味を取り違えてしまってはうまくコミュニケーションをとることができません。
そこで当会では、いらすとやさんのイラストを使用し、体調変化を伝えるシートを作成しました。(こちらは「モデルナ社用」の「起こるかもしれない症状」のデータを使用して作っています。お間違えなきようお願いします。)

必要な方はこちらのページよりお使いください。

(協力依頼)NHK「公共放送の福祉番組としてのあり方を検討するための調査」

日本自閉症協会を通じての依頼です。

NHK、EテレのハートネットTVより、「公共放送の福祉番組としてのあり方を検討するための調査」の協力の依頼をいただいております。
設問は全部で47問で、所要時間は、モニターによるテストでは、およそ30~40分程度とのことです。
この調査は当会会員以外の方でもご協力いただけます。ぜひ広くご協力いただけますとありがたいです。
アンケートに関するご質問につきましては、下記のご担当の方までお問い合わせいただけますと幸いです。

――――――――――――――――――――
ハートネットTV当事者調査 ご協力のお願い

このたびNHK・Eテレの福祉番組「ハートネットTV」では、番組で放送してきた様々なテーマの当事者、支援者、関係者の方たちの声から、番組がどのように見られているか/本当に必要な福祉番組はどのようなものかを調べる調査を行うことになりました。

公共放送の福祉番組として伝えるべきことを伝えられているのか、今回の調査をもとに、私たちの足元をもう一度確認するとともに、今後の福祉番組のあり方を検討していきたいと思っています。

ご多忙のところ大変申し訳ありませんが、なにとぞご協力いただけますようお願い申し上げます。

【Web調査フォーム】
https://forms.office.com/r/qSa2et9hyC

【かんたんな日本語版】
https://forms.office.com/r/W0DNfQKCUn

※上記以外に、ルビ付き版、プリントアウト版、テキスト版などもあります。必要な方は
ebisawa.s-gw@nhk.or.jpまたは
〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
NHK 制作局 第3ユニット福祉
TEL 03-5455-2941
FAX 03-3468-6139
調査窓口 丹野康平(たんの こうへい)までご連絡ください。
―――――――――――――――――――――

(会員の皆様)日本自閉症協会いとしご・かがやき合冊号発行

日本自閉症協会「いとしご193号・かがやき合冊号」が発行されました。
皆様のお手元にも順次届いているかと思います。

今年度(令和3年度)にて退会のご連絡をくださっている方につきましては、この発送をもちまして発送物は停止となります。ご承知おきください。

ウクライナ侵略反対声明(埼玉県障害者協議会)

埼玉県障害者協議会からご連絡をいただきました。

当会も加盟団体として参加している埼玉県障害者協議会では、「3月理事会で、ウクライナへのロシアの軍事侵略の即時停止と戦争は断固反対するため、緊急声明を出すことを決定しました。事態は一刻の猶予もありません。」として、緊急声明を出しました。

<送付先>
埼玉県知事、埼玉県議会議長、内閣総理大臣、ウクライナ大使、ロシア大使、ベラルーシ大使、報道各社さいたま支局(朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、さいたま新聞社)

緊急声明はこちら ウクライナ侵略反対声明

3/14~3/20 日本自閉症協会 チャリティTシャツを1週間限定で販売

日本自閉症協会からのお知らせです。

昨年に続き、今年もJAMMINさんとのコラボレーションのチャリティTシャツを1週間限定で販売します。42日の世界自閉症啓発デーに合わせて、応援をお願いします!

情報の拡散にもご協力ください。
Facebook  https://www.facebook.com/asj.japan/
twitter  http://twitter.com/asjoffice

 (販売期間)2022314日(月)~320日(日)の1週間限定!
(購入方法)https://jammin.co.jpよりご購入いただけます。
※販売期間前は別団体さんのチャリティになっています。

~(デザインのイメージ)~JAMMINさんより~~~~~~~~~~~~~~~~~

明るく灯る電気の気球に乗って、町を眺める人を描きました。
自閉症のある人の才能や可能性が、社会や未来を明るく照らす様子を描いています。
You are the creator of your own experience
「あなたこそ、あなたの経験(人生)を創るクリエイター」というメッセージを添えました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よろしくお願いいたします。

【埼玉県・さいたま市】JRさいたま新都心駅改札上部にあるLED掲示に啓発メッセージを掲示

埼玉県発達障害総合支援センターから情報をいただきました。

3月2日より、JRさいたま新都心駅改札上部にあるLED掲示に、埼玉県とさいたま市連名による世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間周知のメッセージが流れています。
=======
世界自閉症啓発デーに合わせてさいたま新都心駅のLED掲示に
メッセージを掲示させていただきました。
本日から4月8日まで流れている予定です。
=======
さいたま新都心駅ご利用の方、また、お近くまで行かれた際にはぜひご覧ください。

★埼玉県発達障害総合支援センター職員の方から写真を提供いただきました。
 (歩行されている方のプライバシーに配慮し、写真に加工を加えています。)
さいたま新都心駅