「ケアラー」ってなんだろう?

皆さん、「ケアラー」という言葉をご存知でしょうか。
「ケアラーとは、高齢、身体上又は精神上の障害又は疾病等により援助を必要とする親族、友人その他の身近な人に対して、無償で介護、看護、日常生活上の世話その他の援助を提供する者」とされています。
つまり、当会会員である、自閉症児者を育てている保護者の皆さん自身が「ケアラー」なんです。
そのうち、18歳未満の方は「ヤングケアラー」と呼ばれています。

埼玉県では、令和2年3月に「埼玉県ケアラー支援条例」が制定されています。
そして、11月を全国で初めて「ケアラー月間」と定め、月間中は、フォーラムの開催などケアラーのことを知ってもらい、支援に対する協力の輪を広げ、ケアラーが孤立することのない社会の実現を目指します。

当会では、この埼玉県の呼びかけに賛同し、「ケアラー支援宣言」をさせていただきました。
当会で11/9(火)に開催する「幼児学齢グループ交流会」は、ケアラー支援宣言をさせていただいたように、活動の中での支え合いを念頭において開催いたします。
会員さんはもちろん、非会員の方でも参加いただけますので、自閉症児者の子育てにお悩みの方・誰にも話せず苦しまれている方・話を聞いて欲しい方・ぜひお申込みください。
お待ちしております。

ケアラー月間中、埼玉県で行われる取り組みはこちらのページからご確認ください。
ヤングケアラーオンラインサロン」は初回10/31から。Zoomで開催されます。
埼玉県 ケアラー支援のページはこちらからご覧ください。