さいたま市」タグアーカイブ

2022.12.3 令和4年度さいたま市「障害者週間」市民のつどい

さいたま市では、障害者週間を記念して、さいたま市「障害者週間」市民のつどい~みんなちがってみんないい~を開催します!
障害者施設等による販売コーナーやパラスポーツの体験など、親子で楽しめる催しをご用意しています。
詳細は、こちらのさいたま市ホームページからご確認ください。

日時:令和4年12月3日(土曜日)午前10時から午後3時まで
場所:プラザノース、市民広場、きたまちしましま公園、ステラタウンメローペ広場 
※今年度からプラザノースを中心とする上記施設に会場が変更となりました。御来場の際には御注意ください。  

基調講演 ~ダウン症の娘と共に生きて~ 
金澤泰子さんによる講演、金澤翔子さんによる席上揮毫

申込制。さいたま市ホームページ申込専用フォームからお申込みを。締め切り令和4年11月22日(火曜日)

各種催しもの

○販売コーナー
○障害のある人もない人も一緒にスポーツを楽しもう!
○ふれあいステージ
○障害・難病者制作品展
○障害について理解を深めるコーナー
○大宮アルディージャ手話応援コーナー
○植竹中学校ギター部 演奏会

 

2022.9.22障害者ワークフェア2022

今年の「障害者ワークフェア2022」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、産業・労働、福祉、教育の関係者向けに障害者雇用への学びを深めるイベントとして規模を縮小して開催されるそうです。

2022.9.22 会場 さいたま市浦和コミュニティセンター(コムナーレ10階) 

チラシはこちらから
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0809/syougai-map/syougai22_08.html

(さいたま市発行)障害のある方にとっての困りごと事例集~コロナ禍で抱える困難と合理的配慮~

さいたま市障害政策課では「障害のある方にとっての困りごと事例集~コロナ禍で抱える困難と合理的配慮~」をとりまとめ、ホームページで公開しています。ぜひご覧ください。

(以下、さいたま市ホームーページより引用)
新型コロナウイルス感染症の発生以降、私たちの生活に大きな影響が生じました。
特に障害のある方にとっては、その障害の特性により新しい生活様式への適応が難しいなど、コロナ禍ならではの困りごとを抱えている方がたくさんいらっしゃいます。
一方で、その困りごとは、ちょっとした配慮や気配りで解決できることもたくさんあります。
障害のある人もない人も、誰もが共に暮らしていくために、障害のある方が抱えるコロナ禍での困りごとについて共有し、そこに対応する配慮の実践につなげていくため、この事例集を作成しました。

==

また、さいたま市ホームページにて
・日常生活における障害のある方への配慮について
・「新しい生活様式」における障害のある方への配慮について
公開されています。併せてご覧ください。

【会員の皆さんへ(さいたま市地区活動)】2022.10.6 令和4年度さいたま市障害者社会参加推進事業「家族教室」

令和4年度さいたま市障害者社会参加推進事業「家族教室」
「親亡き後~3つの課題と具体的な解決策」
講師:加藤雄一氏(プルデンシャル生命保険(株)・ライフプランナー)

令和4年10月6日(木)午後1時~3時 
大宮ふれあい福祉センター 301~303会議室
さいたま市在住、在勤の方、または埼玉県自閉症協会会員とその家族50名(当日先着順)
※要約筆記、手話通訳あり
参加費無料

★お願い事項
会場での開催を予定しております。そのため、
 ・当日は検温、マスク着用の上、ご来場ください。
 ・体調がすぐれない方の参加はご遠慮ください。
 ・新型コロナウィルスの感染症の影響により、中止や内容の変更をする場合があります。

主催 さいたま市
   さいたま市障害者協議会・埼玉県自閉症協会さいたま市地区

★事前の参加申込み・お問い合わせは
準備の都合上、できましたら事前の参加申込みをお願いいたします。
埼玉県自閉症協会さいたま市地区アドレス・チラシ記載のFAX番号まで。
<申込時にお知らせいただきたい事項>
・参加希望の方の氏名、連絡先(電話番号又はFAX番号)
・埼玉県自閉症協会会員は所属地区
9月30日(金)締め切り
申込者が定員に満たない場合は当日の申込みも受け付けます。

チラシはこちらから 20221006さいたま市家族教室講演会チラシ 

 

【埼玉県・さいたま市】JRさいたま新都心駅改札上部にあるLED掲示に啓発メッセージを掲示

埼玉県発達障害総合支援センターから情報をいただきました。

3月2日より、JRさいたま新都心駅改札上部にあるLED掲示に、埼玉県とさいたま市連名による世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間周知のメッセージが流れています。
=======
世界自閉症啓発デーに合わせてさいたま新都心駅のLED掲示に
メッセージを掲示させていただきました。
本日から4月8日まで流れている予定です。
=======
さいたま新都心駅ご利用の方、また、お近くまで行かれた際にはぜひご覧ください。

★埼玉県発達障害総合支援センター職員の方から写真を提供いただきました。
 (歩行されている方のプライバシーに配慮し、写真に加工を加えています。)
さいたま新都心駅

【さいたま市:オンライン開催】2022.3.14~さいたま市主催 「発達障害に関する講演会」

さいたま市では、毎年発達障害に関する講演会を開催しています。
今年度は、動画の限定配信によるオンライン形式にて開催します。

発達障害がある方の進路選択と就労支援
<進路選択について>
さいたま市北区障害者生活支援センター
相談支援専門員 岸端 泉 氏
<就労支援について>
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 埼玉支部
埼玉障害者職業センター
主幹障害者職業カウンセラー 田村 恭子 氏

<配信期間>
令和4年3月14日(月曜日)から令和年4月15日(金曜日)まで
<配信方法>
さいたま市公式YouTubeチャンネルにおける限定配信です。
申込された方のみが視聴することができます。
ひとつのお申込みで視聴できるのは1名のみです。複数人で視聴する場合は、
それぞれでお申込みください。なお、URLの転送は固くお断りいたします。

チラシはこちら ★R3_チラシ

申込方法等詳細は、以下「さいたま市HP」からご確認ください。
https://www.city.saitama.jp/002/003/004/003/001/p086330.html

会場&オンライン開催)さいたま市「障害者週間」市民のつどい

さいたま市では、障害者週間を記念して、さいたま市「障害者週間」市民のつどいを開催します!
令和3年度は、オンラインと会場の両方で開催します。
詳細は、こちらのさいたま市ホームページからご確認ください。
チラシはこちらから R3syougaisyasyukantirashi

基調講演(動画配信形式)

【講師】大前 光市氏
東京パラリンピック開会式に出演された義足のダンサー
「障害」による肉体的・精神的なダメージに打ち勝ち、プロダンサーの夢をつかんだ経験談をお話いただきます。

さいたま市公式YouTubeチャンネルにおける、申込者限定配信
公開期間:令和3年12月3日(金曜日)から令和3年12月13日(月曜日)まで
【申込】                                         
講演の視聴には申込みが必要です。上記記載の、さいたま市ホームページの申込みフォームからお申込みください。
※お申込みにはメールアドレスが必要です。
申込期限:令和3年12月10日(金曜日)まで 

オンライン部門

さいたま市公式YouTubeチャンネルでの動画配信
配信期間:令和3年12月3日(金曜日)から令和4年1月31日(月曜日)まで
(配信開始後、さいたま市ホームページにリンクが掲示されます)
【配信予定動画】
・障害について理解を深める動画
・障害・難病者制作品展
・障害のある方によるステージ発表

会場開催

日程:令和3年12月4日(土曜日)午前10時から午後2時
会場:浦和駅東口駅前市民広場
【内容】
・障害者団体や施設による販売コーナー
・障害者スポーツの体験ブース
・モニターでの動画放映

埼玉県・さいたま市の「自宅療養の手引き」

感染者数の拡大により、自宅療養を余儀なくされるケースが多くなっており、県内では悲しいニュースも流れています。
埼玉県とさいたま市がそれぞれ作成・公開されている「自宅療養の手引き」についてご紹介します。もちろん、かからないにこしたことはありませんが、ここまで感染が拡大していると、いつ・どうなるかわからない現実があります。
ぜひ一度お目通しいただき、準備・心づもりをされることをおすすめします。

◆埼玉県HPに「自宅療養の手引き」が公開されています。
自宅療養を行う上で留意いただきたい点や健康観察の方法、配食サービス、療養の終了基準、症状悪化時の連絡先などがまとめられています。

自宅療養の手引き(新型コロナウイルス感染症)

◆さいたま市HPにも「自宅療養の手引き」が公開されています。
自宅療養に際して、留意いただきたい点や健康観察の方法、症状が悪化した場合の対応、自宅療養の終了基準などについてまとめたものです。

新型コロナウイルス感染症の患者さんのための「自宅療養の手引き」

また、濃厚接触者と判定された方について、図やイラストでわかりやすく説明したページもあります。
新型コロナウイルス感染症 陽性者及び濃厚接触者の方へ

【ワクチン接種支援ツール】さいたま市ホームページに掲載いただきました

さいたま市ホームページ 「障害者福祉」のページ内に
「発達障害等のある方へワクチン接種に関する情報を伝えるためのツールについて」として、当会で公開している視覚支援ツールのご紹介をいただきました。

さいたま市障害政策課の皆さん どうもありがとうございます。

「Yahooニュース(埼玉新聞)」もしもの時、救急隊員に情報を 緊急時安心キット、さいたま市が配布 かかりつけ医などの情報を保管

少し前の記事になりますが・・・
先日、さいたま市内の郵便局に立ち寄った際に、このキットが置いてありました。
身近なところで配布いただけるのは大変ありがたいですね。

「もしもの時、救急隊員に情報を 緊急時安心キット、さいたま市が配布 かかりつけ医などの情報を保管」