感覚過敏」タグアーカイブ

2023.11.2(PR Times)「PLAZA NEWSSTAND 赤坂店」がTBSのSDGsイベントに初参加!平日2日間限定で“クワイエットアワー”の実施も

  • TBSのSDGsイベント「地球を笑顔にする広場」
  • PLAZA NEWSSTAND 赤坂店にてクワイエットアワーを実施

2023.11.2(PR Times)「PLAZA NEWSSTAND 赤坂店」がTBSのSDGsイベントに初参加!平日2日間限定で“クワイエットアワー”の実施も

2023.10.13(神戸新聞)犬の吠え声に驚き転倒、通りすがりの香水で意識不明…「感覚過敏」に悩む女性 周囲に理解されにくい“生きづらさ”

感覚過敏についての取材記事です。

2023.10.13(神戸新聞)犬の吠え声に驚き転倒、通りすがりの香水で意識不明…「感覚過敏」に悩む女性 周囲に理解されにくい“生きづらさ”

2023.4.17(読売新聞)サッカーを遮音室で観戦、大音量や光が苦手な「感覚過敏」に配慮広がる…反射抑えたノートも

感覚過敏についての記事です。

  • サッカースタジアム内の「センサリールーム」など

2023.4.17(読売新聞)サッカーを遮音室で観戦、大音量や光が苦手な「感覚過敏」に配慮広がる…反射抑えたノートも

2023.4.8(NHK)感覚過敏の人に配慮 家電量販店でクワイエットアワー 相模原

  • 家電量販店大手のヤマダデンキが相模原市内の店舗で店内BGMを止めたり、一部の照明や展示するテレビを消したりして、静かな環境で、買い物ができるように。

2023.4.8(NHK)感覚過敏の人に配慮 家電量販店でクワイエットアワー 相模原

(埼玉県)MOVIXさいたまで「イヤーマフ」を貸し出します(3月2日から4月8日まで)

4月2日の世界自閉症啓発デーに合わせ、株式会社松竹マルチプレックスシアターズ(以下SMT)の協力の下、SMTが運営するシネコンMOVIXさいたまで「イヤーマフ」の貸出を行います。

発達障害者の中には感覚に敏感さをもった方が比較的多くいます。映画館の大きなスクリーンで映画を楽しみたいにもかかわらず、聴覚過敏により迫力のある音響が苦手という方のために、今回初めて、期間限定で実施する取組です。

なお、「イヤーマフ」は、発達障害の有無に関わらず、大きな音が苦手なすべての方に御利用いただけます。この機会に是非ともお試しください。

詳細はこちらから
https://www.pref.saitama.lg.jp/b0614/earmuff.html

★春休み、子ども向け映画の上映もあります。
「映画は見たいけれど、音が大きすぎて・・・」と躊躇されていた方。
イヤーマフがあれば、ご家族皆さんで一緒に楽しく映画を楽しめるかもしれません。
この機会を有効にご活用ください。

2023.2.21(読売新聞)「クワイエットアワー」にお店がBGM音量や照明を控えめにするわけ

2023.2.21(読売新聞)「クワイエットアワー」にお店がBGM音量や照明を控えめにするわけ

  • 札幌市のドラッグストア
  • おたる水族館  

の取組みを取材された記事です。

2023.1.23(NHK首都圏ナビ)神奈川・相模原市 広がる“クワイエットアワー”感覚過敏を知って!

2023.1.23(NHK首都圏ナビ)神奈川・相模原市 広がる“クワイエットアワー”感覚過敏を知って!

神奈川県相模原市では、地元の青年会議所が中心となって19の店舗で行われるなど、取り組みが広がりつつあります。

2022.8.13(東京新聞)感覚過敏の人に優しい「クワイエットアワー」音や光を控えめに 動物園、劇場、スポーツ観戦…全国で広がる

2022.8.13(東京新聞)感覚過敏の人に優しい「クワイエットアワー」音や光を控えめに 動物園、劇場、スポーツ観戦…全国で広がる

  • 愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園
    休園日に月3回、障害などで通常の入園が難しい人が来場できる国内初の制度
  • 名古屋市昭和文化小劇場
    2019年から年1回、映画上映会を企画。
  • 川崎市等々力陸上競技場
    サッカーJ1の試合でセンサリールームを設けた。
  • ドラッグストア「ツルハドラッグ」
    土曜朝1時間 クワイエットアワー

埼玉県 さいたま水族館においてクワイエットアワーの試行

2022.6.13羽生水郷公園さいたま水族館において、クワイエットアワーの試行が行われました。
これは埼玉県が行ったもので、県有施設での導入を検討していくに当たり、さいたま水族館において試行を実施し、参加者、施設管理者等の意見を伺い、課題を整理することが目的とのことです。

感覚過敏への配慮の取組として
・明るい光が苦手な方に配慮し、入口の照明を4割程度緩和、光が直接目に入らないようスポットライトの角度を調整など
・大きな音が苦手な方に配慮し、館内BGM等の音量を緩和
・感情やストレスが高まった時に落ち着くためのスペースを確保
・耳から入る刺激を減らすための「イヤーマフ」や光の刺激を減らすための「サングラス」を貸出
等を行われたそうです。

当日の様子については以下のリンクからご覧いただけます。 
埼玉県発達障害総合支援センター「感覚過敏のある人に対する優しい社会環境づくり」ページ

2022.6.15(埼玉新聞)薄暗い館内、のびのび満喫 休館日活用で感覚過敏な子ら招待 さいたま水族館が「クワイエットアワー」
2022.6.15(東京新聞)強い光や大きな音 心配しないでね 感覚過敏の子ども向け見学会 羽生のさいたま水族館で
2022.6.15(東京新聞・東京すくすく)さいたま水族館で「クワイエットアワー」 感覚過敏の子どもに配慮して音声なし、照明も調整
2022.6.23(日本経済新聞)光や音量抑える「クワイエットアワー」埼玉で試験導入

2021.7.24(神戸新聞)マスクができない…「感覚過敏」の子どもはわがままなの? 意思表示バッジをつけて生活する日々

感覚過敏について取材された記事です。

2021.7.24(神戸新聞)マスクができない…「感覚過敏」の子どもはわがままなの? 意思表示バッジをつけて生活する日々