新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルスに関連した情報をお伝えします。

コロナウイルスについての説明 どうしていますか?

お子さんに対し、コロナウイルスについての説明・・・どうしていますか?
わかるように説明すること・・・難しいですよね。
県立特別支援学校の先生方が「子どもたちのために」と、説明動画を作られています。
今回、先生方のご厚意で、当会HPでも公開させていただくことになりました。
(心より感謝いたします。ありがとうございます<(_ _)>)
お子さんへの説明にぜひお使いください。

コロナウイルスについての説明動画

◆西部地域の県立特別支援学校の先生が作成されたものです。

YouTube「子どもたちへの新型コロナウイルス対策説明」動画
https://www.youtube.com/watch?v=rhymiey0ghs

◆埼玉県立川越特別支援学校 村浦新之助教諭が作成されたものです。

動画 「コロナウイルスに気を付けよう」
動画 「コロナウイルスに気を付けよう」(マスクのことと効果音入り)

手洗い・うがい お子さんはちゃんとできていますか?

コロナ禍の中で、これまでの手洗いからステップアップした「ていねいな手洗い」そして「うがい」が求められています。
手洗いとうがいが予防の第一歩!お子さん達はきちんとできているでしょうか?
「自分でできるようになった♪」となると、どうやって手を洗っているかまでじっくり見る機会は減っているのではないでしょうか?

「なかなかうまくできないんだよね」と話していたところ、トレセミから芽吹いた特別支援学校の若い力が「子どもたちのために」と、動画や手順書などを作ってくれました。まだ作成途中のものもありますので、完成しているものをお知らせします。

「どうしたら子ども達に理解してもらえるか?」と考え、子どもの目線に立って作った素敵なものです。ぜひご活用ください。

手洗い

県内西部地域の県立特別支援学校の先生が作成してくださいました!

手洗いの動画
Youtube「手洗い」動画
https://www.youtube.com/watch?v=mXucc6cVUrA&t=1s
YouTube「手洗いの学習」動画
https://www.youtube.com/watch?v=NrUbg8nz4wY


手洗いの手順書

3種類あります。それぞれ情報量が違うので、「うちの子にはどれならわかるかな?」の視点で選んで使ってください。
A4サイズになっているので、パウチして洗面所の見えるところに貼っておくと、見ながら洗えるし・濡れても大丈夫です。お試しください。

『改訂版』手洗い手順表-1

『改訂版』手洗い手順表2

『改訂版』手洗い手順表3

うがい

うがいの動画

◆埼玉県立越谷西特別支援学校 佐藤裕理教諭が作成してくださいました。

動画 くちうがい
動画  のどうがい
動画 くちうがい・のどうがい

佐藤先生は、埼玉県内の特別支援学校や特別支援学級の教員が集まり平成26年度に発足した任意研究会「彩特ICT/AT.labo」の代表をされているそうです。
上記研究会は、「埼玉県の特別支援教育におけるICTとAT(アシスティブテクノロジー:支援機器・技術)を活用した教育の普及推進を目的に実践研究を中心に活動しています。また、子どもたちが「楽しい・わかる・できる」実践を目指しており、私たち自身も自由に楽しく、主体的に取り組むことを大切にしています。」(HPより抜粋)
私達の子どもたちのために・・・ありがたいですね。

マイナビニュースに掲載された研究会の記事はこちらから

うがいの手順書 
◆埼玉県立川越特別支援学校 村浦新之助教諭が作成してくださいました。
村浦先生は、自閉症教育の推進と授業改善をめざした学習会
「Team埼玉 ~自閉症教育と授業改善の学習会~」で中心的な役割を担って頑張っておられる先生です。たくさんの先生方が私達の子どもたちのために学びあってくださっています。本当にありがたい限りです。

3種類あります。1つのファイルに3つとも入っています。
手洗い手順書同様、A4サイズになっています。パウチして洗面所の見えるところに貼っておくと、見ながらできます・濡れても大丈夫です。お試しください。

口うがい手順(枠あり)

口うがい手順

会員が自宅で使用した例です。

ホワイトボードに貼って使用。
四角の枠の中にマグネットを貼って、1回終わるごとにマグネットを「おわり」に移動していくことで、回数もきちんと認識していました。

実はこのお子さんはガラガラとする「のどうがい」はこれまでできませんでした。この手順書を見て、お母さんのモデリングで一度やってみたものの、溺れる状態に!
やっぱり難しいかな・・・と思っていたお母さん。

本人も悔しかったのでしょう。しばらくしたら再びコップを持ってきてお母さんを洗面所へ連れて行き、自ら再チャレンジ!!
なんと!!2度目のチャレンジで見事「のどうがい」成功です!!お母さんもビックリ!!

それからは得意げにのどうがいをしているそうです♪ これでウイルスも撃退!ですね。

実はこのお子さんは33歳男性。ですので青年ですね。
いくつになっても成長します!そんなことを教えてもらった一例でした。