埼玉県」タグアーカイブ

【埼玉県:動画】「新型コロナウイルスと発達障害」

埼玉県発達障害総合支援センターからお知らせをいただきました。

埼玉県発達障害総合支援センターでは、コロナ禍での発達障害児・者の情報を共有するための情報発信として、当センターの市川宏伸センター長が講師の動画「新型コロナウイルスと発達障害」を作成し、6月1日からYouTubeにて配信しております。

https://www.youtube.com/watch?v=kIZWatuzOAg

広く一般に公開しておりますので、お時間のある時に、ぜひご覧ください。

【情報】ゴールデンウィークの発熱時の受診方法について

ゴールデンウィークが始まりましたが、ゴールデンウイーク期間中の発熱時の受診方法について埼玉県ホームページに記載されています。
もしもの時のためにご確認ください。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0710/hpsearch.html

【情報】埼玉県 令和3年度 発達が気がかりな子を持つ「親自身の心の悩み相談会」

埼玉県発達障害総合支援センターより案内いただきました。

新年度、発達障害に係る支援事業の一環として、発達が気がかりなお子さんを持つ親御さんを対象に下記のとおり相談会を開催します。
参加をご希望の方は、チラシ内容をご確認のうえ、お申込みください。

1 開催日 別添の案内チラシのとおり r3soudankai
2 会 場 埼玉県発達障害総合支援センター 相談室
3 対 象 埼玉県内(さいたま市を除く)に在住の発達障害やその特性のある子供(概ね18歳まで)を育てる親
4 定 員 各相談日3名(個別相談50分) 予約制
相談時間 ①13:30から14:20 ②14:30から15:20 ③15:30から16:20

5 費 用 無料
6 内 容 公認心理師による相談会
     ※お子さんの診断や治療に関する相談にはお答えできかねます

【埼玉県:オンライン開催】2021.3.29~埼玉県主催 発達障害に関する県民向け講演会

発達障害のある子ども達のこころとそだちを支える~発達障害への「僕」のまなざしと希望~
医療法人社団倭会 こころとそだちのクリニックむすびめ 院長 田中 康雄 氏

埼玉県では、発達障害に関する県民向け講演会を開催します。
今年度は、限定動画配信形式で行います。

配信期間 令和3月3月29日(月曜日)9時00分~4月12日(月曜日)15時まで
★限定動画配信のため、申込をされた方のみ視聴可能です

申込方法等詳細は、以下「埼玉県発達障害総合支援センターHP」からご確認ください。
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b0614/20200216.html

【動画】再配信決定!本田秀夫先生講演会「発達障害の子どもにみられる不登校」

昨年9月に埼玉県と(公財)明治安田こころの健康財団で共同開催した本田秀夫先生の下記講演会の再配信が決定しました!
見逃してしまった方、もう一度視聴したい方等たくさんおられると思います。
詳細は、埼玉県発達障害総合支援センターホームページよりご確認ください。

【埼玉県 オンライン講演会】2020.9.8~「発達障害の子どもにみられる不登校」~不登校になる要因と、不登校の予防と対応~

埼玉県の緊急事態宣言が3月7日まで延長されました

2月2日、栃木県を除く、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の10都府県の緊急事態宣言の期間が3月7日まで延長されました。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
https://corona.go.jp/emergency/

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の1都3県に緊急事態宣言が発出されました

1月7日、下記の通り緊急事態宣言が発出されました。
期間:令和3年1月8日~2月7日
区域:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
https://corona.go.jp/emergency/

2020.10.20と10.27に蓮田市でのペアレントメンター事業を実施いたします

2020.10.20(火)AM10時~12時 zoomにて
2020.10.27(火)AM10時~12時 zoomにて
定員各回10名 参加費無料 「蓮田市在住の概ね小3までの保護者対象」
参加〆切 2020.10.9(金)まで ←お急ぎください!

「言葉がなかなか出なくて心配」「偏食がひどいけどこのままで大丈夫?」
「こんなにつらいのは私だけ?」「これから先、どうなるの?」
発達障害児の子育て・・・決して楽なものではありませんよね。
毎日、もう頭がぐちゃぐちゃになりそうなくらい大変で。
やっと寝た子どもの寝顔を見ながら、この先の不安に押しつぶされそう・・・

コロナ禍の中、ペアレントメンター達がお会いしてお話を伺う活動を行うことが叶わず、それでも「今、困っているお母さん達のために何かできないか」と考え、今回はzoomを利用しオンラインでの会を計画させていただきました。
埼玉県ペアレントメンター事業として実施します。「蓮田市在住の保護者対象」となっています。

同じような思いをしてきた発達障害を持つ子どもを育ててきたペアレントメンター達が、同じ親の立場として、これまでの子育てを振り返りながらお話をさせていただきます。
PC・タブレット・スマホのいずれかとネット環境があれば参加できます。

人と人とのつながりを断たれてしまっているこんな時だからこそ、勇気を持ってつながりませんか?ペアレントメンター一同、お待ちしています。

チラシはこちらから  2020-10蓮田市チラシ配布版

「ケアラー」という言葉を知っていますか?

みなさんは「ケアラー」という言葉、ご存知でしょうか。

【ケアラーとは高齢、身体上、精神上の障害又は疾病等により援助を必要とする親族、友人その他の身近な人に対して、無償で介護、看護、日常生活上の世話その他の援助を行っている人のことを言います。ケアラーの中でも、18歳未満の人はヤングケアラーと定義されています。】
(※埼玉県HP「ケアラー(介護者等)支援」より引用掲載させていただきました。)

私達も初めて見聞きするこの言葉。
この度、埼玉県では「埼玉県ケアラー支援計画」の策定にあたり、各団体にアンケート調査を行っており、当会も埼玉県福祉部地域包括ケア課からの団体アンケート依頼をいただき、はじめて「ケアラー」という言葉とその意味を知りました。

調べてみると埼玉県では、全国初の「埼玉県ケアラー支援条例」を令和2年3月31日に公布・施行されているとのことです。
ケアラーについての各種情報が掲載されているページは以下の通りです。ぜひご覧ください。

埼玉県HP 該当ページはこちら