埼玉県」タグアーカイブ

2020.10.20と10.27に蓮田市でのペアレントメンター事業を実施いたします

2020.10.20(火)AM10時~12時 zoomにて
2020.10.27(火)AM10時~12時 zoomにて
定員各回10名 参加費無料 「蓮田市在住の概ね小3までの保護者対象」
参加〆切 2020.10.9(金)まで ←お急ぎください!

「言葉がなかなか出なくて心配」「偏食がひどいけどこのままで大丈夫?」
「こんなにつらいのは私だけ?」「これから先、どうなるの?」
発達障害児の子育て・・・決して楽なものではありませんよね。
毎日、もう頭がぐちゃぐちゃになりそうなくらい大変で。
やっと寝た子どもの寝顔を見ながら、この先の不安に押しつぶされそう・・・

コロナ禍の中、ペアレントメンター達がお会いしてお話を伺う活動を行うことが叶わず、それでも「今、困っているお母さん達のために何かできないか」と考え、今回はzoomを利用しオンラインでの会を計画させていただきました。
埼玉県ペアレントメンター事業として実施します。「蓮田市在住の保護者対象」となっています。

同じような思いをしてきた発達障害を持つ子どもを育ててきたペアレントメンター達が、同じ親の立場として、これまでの子育てを振り返りながらお話をさせていただきます。
PC・タブレット・スマホのいずれかとネット環境があれば参加できます。

人と人とのつながりを断たれてしまっているこんな時だからこそ、勇気を持ってつながりませんか?ペアレントメンター一同、お待ちしています。

チラシはこちらから  2020-10蓮田市チラシ配布版

「ケアラー」という言葉を知っていますか?

みなさんは「ケアラー」という言葉、ご存知でしょうか。

【ケアラーとは高齢、身体上、精神上の障害又は疾病等により援助を必要とする親族、友人その他の身近な人に対して、無償で介護、看護、日常生活上の世話その他の援助を行っている人のことを言います。ケアラーの中でも、18歳未満の人はヤングケアラーと定義されています。】
(※埼玉県HP「ケアラー(介護者等)支援」より引用掲載させていただきました。)

私達も初めて見聞きするこの言葉。
この度、埼玉県では「埼玉県ケアラー支援計画」の策定にあたり、各団体にアンケート調査を行っており、当会も埼玉県福祉部地域包括ケア課からの団体アンケート依頼をいただき、はじめて「ケアラー」という言葉とその意味を知りました。

調べてみると埼玉県では、全国初の「埼玉県ケアラー支援条例」を令和2年3月31日に公布・施行されているとのことです。
ケアラーについての各種情報が掲載されているページは以下の通りです。ぜひご覧ください。

埼玉県HP 該当ページはこちら

【埼玉県 オンライン講演会】2020.9.8~「発達障害の子どもにみられる不登校」~不登校になる要因と、不登校の予防と対応~

「発達障害の子どもにみられる不登校」~不登校になる要因と、不登校の予防と対応~ 
講師:本田 秀夫 氏

埼玉県と(公財)明治安田こころの健康財団は、発達障害の子どもへの正しい理解と支援を学ぶ講演会を、初めてオンラインで共同開催されるそうです。

令和2年9月8日(火曜日)9時 から 9月14日(月曜日)17時まで
埼玉県公式動画アカウント「サイタマどうが」(YouTube)による限定公開(事前申込必要、無料

チラシはこちらから 発達障害の子どもにみられる不登校ちらし

お申し込みは、電子申請システムで
・ 電子申請システムによるお申し込みは、参加者お一人ずつ申請してください。

・ 手話通訳等特別な配慮が必要な場合等は、申込フォーム通信欄に御記入ください。
※ 受講決定通知はありません。定員はございません。
・ 申込期間内であれば、どなたでも視聴することができます。

県政ニュース http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2020/0803-03.html
埼玉県発達障害総合支援センター http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b0614/documents/images/r2hutoukou.html

【公開中:動画】「初心者のための 発達障害とは何だろう」(市川宏伸センター長)

埼玉県発達障害総合支援センターからご案内をいただきました。

*****

当センターの市川宏伸センター長の研修動画(県民・支援者向け)を作成し、本県Youtube公式動画アカウント「サイタマどうが」に掲載しました。
以下のURLから、どなたでも動画を視聴できます。

「初心者のための 発達障害とは何だろう」
https://youtu.be/ft10hmFoKMc

御多忙とは存じますが、是非、ご高覧ください。

*****

緊急事態宣言全国に拡大・埼玉県は特定警戒都道府県に

緊急事態宣言が全国に拡大したのとあわせて、埼玉県は「特定警戒都道府県」となりました。

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0417kaiken.html

より一層「三密」に気を付け「ステイホーム」しましょう。

NHKニュース報道
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200416/k10012391681000.html

埼玉県に緊急事態宣言の発出

4月7日、下記の通り緊急事態宣言が発出されました。
期間:令和2年4月7日~5月6日
区域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県 の7都府県

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202004/07corona.html
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0407kaiken.html

【情報】世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間 埼玉県のライトアップ情報

【埼玉県のライトアップ情報です】

世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間~県内の建物やオブジェがブルーにライトアップされます~

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0331-03.html

【情報】埼玉県 令和2年度 発達が気がかりな子を持つ「親自身の心の悩み相談会」

埼玉県発達障害総合支援センターより案内いただきました。

新年度、発達障害に係る支援事業の一環として、発達が気がかりなお子さんを持つ親御さんを対象に下記のとおり相談会を開催します。
参加をご希望の方は、チラシ内容をご確認のうえ、お申込みください。

1 開催日 別添の案内チラシのとおり R2親相談会チラシ2
2 会 場 埼玉県発達障害総合支援センター 相談室
3 対 象 埼玉県内(さいたま市を除く)に在住の発達障害やその特性のある子供(概ね18歳まで)を育てる親
4 定 員 各相談日3名(個別相談50分) 予約制
5 費 用 無料
6 内 容 公認心理師による相談会
     ※お子さんの診断や治療に関する相談にはお答えできかねます

2020.4.2 世界自閉症啓発デーin埼玉「もっと知ってください。自閉症のこと。」

【会員のみなさま】
先日、当会機関紙「すまいる」を発送しておりますが、原稿〆切の関係で、紙面でお知らせしている内容と、ここ数日の新型コロナウイルスに関する状況の変化(感染拡大防止策)とがマッチしていない状況となっております。
予定している活動も、やむを得ず活動中止とさせていただくものもあるかもしれませんので、最新情報はこのHPでの情報で確認いただけますようお願いいたします。
詳細は事務局までお問合せください。

会員の皆さんにはすでに機関紙「すまいる3月号」でお知らせしていますが、当会で実施する世界自閉症啓発デーにおける啓発活動のご案内です。春休み中のお子さんも一緒に活動しませんか?

① 3月29日(日)事前準備
4月2日の啓発イベントを前に、当日配布する啓発チラシとポケットティッシュの事前準備作業を行います。
埼玉県障害者交流センター 研修室1にて。10:00~15:00まで
都合のつく時間だけの参加でも構いません。
※ ホチキスをご持参いただけると助かります。

② 3月29日(日)作品展搬入・準備
埼玉県障害者交流センター 1Fロビーにて。
役員は9:30頃から集まって会場設営をしています。
展示可能な作品があるようでしたら、直接持ち込みいただいても構いません。
もちろん、準備のお手伝いだけでも大歓迎です。

③ 4月2日(木)啓発イベント
JRさいたま新都心駅 自由通路にて。
当日は、「世界自閉症啓発デー」ならびに「埼玉県自閉症協会」の旗が立っています。
13:00~13:15の間に現地集合してください。
13:30~ 啓発チラシ&ポケットティッシュ配布
【持ち物】
ブルーが自閉症啓発のカラーとなっています。 青いバンダナや青い小物などお持ちであれば手や首に巻くなど身に着けてアピールをお願いします。コバトンとさいたまっちも参加予定です!

④ 4月9日(木) 作品展搬出
埼玉県障害者交流センター 1Fロビーにて。 10:30から。
作品をお出しいただいた方、この日直接受け取りに来ていただく形でも構いません。

①~④の活動に参加される方は「どれに参加するか」を所属地区長までご連絡ください。