2017.11.15生活保護に関する集会

いのちのとりで裁判全国アクション(JDも会員団体)では、
11月15日午後、参院会館講堂で、生活保護に関する集会を開催します。
多くのご参加を呼びかけます。参加費、事前申し込みは不要です。
添付をご覧ください。ウェブはこちらです。
http://inochinotoride.org/whatsnew/171017innai.php

いま来年度に向けて生活保護の基準改定が社保審基準部会で議論されています。
5年前の改定では、基準部会での結論とは全くかけ離れた形で基準を引き下げられてしまいました。
道理の通らない保護基準引き下げは、貧困の連鎖が強まる一方です。
誰もが「健康で文化的な生活」を送ることを強く求めます。
拡散のご協力もいただければありがたいです。

**
【集会タイトル】
 「ガマンくらべを終わらせよう。  ~生活保護でも大学に!下げるな!上げろ!生活保護基準」
【日時】11月15日(水)12時半~14時半
【場所】参議院議員会館講堂
【概要】
  司会:雨宮処凛さん(作家)・稲葉剛さん(住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
  基調講演「憲法25条が保障する生存権と生活保護基準引下げ(仮)」
                木村草太さん(首都大学東京大学院教授)
   特別報告「生活保護世帯の大学生の現状と課題~堺市実態調査から」
           桜井啓太さん(名古屋市立大学講師、元堺市CW)
 基調報告「生活保護基準部会での議論の状況」
           田川英信さん(いのちのとりで裁判全国アクション事務局)
  当事者・支援者の声
  ・子どもの専門学校進学で「世帯分離」された母子世帯の方
  ・生活保護を利用する高齢世帯、障がい世帯、母子世帯等の方々
【主催団体】いのちのとりで裁判全国アクション

★生活保護の充実を求める緊急署名も実施中です。あわせてご協力をお願いいたします。
署名用紙は以下からダウンロードできます。
http://inochinotoride.org/whatsnew/171019shomei.php