当会以外で実施される研修会等

他団体の研修会・催し等をお伝えします

JDDnet 港区での啓発活動

JDDnetからの情報です。

【港区】
■目的「発達障害のことを区民に知っていただく機会を作る」
■概要
・①②区が作成する「ハート」アート(パネル)と共に、JDDnetの展示をする
 └ JDDnet展示は「畳2畳分」をご用意いただける
 └ JDDnetチラシ設置

・③TT2018(東京タワーライトアップ) 
 └港区作成クリアファイル(自閉症啓発デーポスター柄)提供
  └JDDnetクリアファイルと共に配布
  └港区作成ティッシュ(自閉症啓発デーリーフレット入ってる)提

■日時・場所
 ①3月20日~26日:港区障害者センター
 ②3月27日~4月7日:港区役所
 ③4月2日:東京タワー
—————————————————————————
発達障害啓発週間を通して、より多くの方に、理解していただける機会としたいと思います。

2018.4.8 JDDnet『2018年発達障害啓発週間イベント』

JDDnetからの情報です。

4月8日(日)に、代官山Sodacco 2F 「Branch room」 にて、『2018年発達障害啓発週間イベント』を開催致します
詳細は添付「チラシ」と、下記URLをご覧いただければと存じます。
————————————————————————
【2018年発達障害啓発週間イベント 紹介ページ】
https://jddnet.jp/event180312/

【申込ページ】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdJjVvPWvjH-QbkAWVn-EGDfJonNzbhI4vs5X-4ZEah5FMPYg/viewform
————————————————————————

【さいたま市・講演会】2018.3.17さいたま市 発達障害に関する講演会

「発達障害とその支援の心理学」
葉石 光一 氏(埼玉大学 教授)

さいたま市では、毎年発達障害に関する講演会を開催しています。
今年は、埼玉大学教育学部の葉石光一教授をお招きして、
主に発達障害のある方が示す困難を理解し、困難に応じた支援を考える上で
助けとなる基礎的な知識を、心理学の専門家としての立場からお話しいただくそうです。

日時 平成30年3月17日 (土) 14時30分~16時10分(受付開始14時00分~)
※入場無料、定員250名先着順(事前申し込み制)です。
会場 与野本町コミュニティセンター 多目的ルーム(大)

チラシ等、該当ページはこちらです
http://www.city.saitama.jp/002/003/004/003/001/p051127.html

【埼玉県・県民向け講演会】2018.2.24 発達障害と感覚・運動<子供の困難さを理解する>

見た目だけでは理解されにくい発達障害について、最近注目を集めている感覚の違いや不器用さなどの運動の問題とそれへの対応について、これまで病院などで多くのお子さんを支援されてきた講師の方から講演していただきます。

★★発達障害のあるお子さんは、行動面や対人関係面だけではなく、感覚面や運動面に問題がみられることがあります。他の子どもには全く不快に感じられないような音や接触によって情緒が不安定になったり、身体のイメージが持ちにくいために運動に苦手意識を持ってしまったりすることもあります。感覚や運動の問題は、生活上本人にとって影響が大きく、深刻であり、また他の人からは最も気づかれにくいため、周囲の人がそのような視点をもち、支援することはとても大切です★★

講師  長崎大学医学部保健学科 教授 岩永竜一郎氏(作業療法士)
対象者 埼玉県在住の発達障害のあるお子さんの保護者、支援者の方など

※お子さまの同席はご遠慮いただいております。

日時  平成30年2月24日(土曜日)13時30分~16時
場所  埼玉県発達障害総合支援センター
※小児医療センター南玄関をご利用ください。正面玄関からは入れませんのでご注意ください。
※公共交通機関をご利用ください。
当センターに駐車場はありません。小児医療センター駐車場の減免はできませんのでご了解ください。

参加費 無料
定員  300名。先着順で受け付けます。
申込受付 平成30年2月15日まで 申込方法は、以下のURLから確認してください。
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b0614/documents/images/300224.html

 

【講演会】2018.1.21 2017年度明星大学発達支援研究センター国際講演会

発達障害者へのコーチングー成長に導く新技法ー
デヴィッド・パーカー博士

日時 2018年1月21日(日)13:00~16:30(受付12:15~)
会場 明星大学日野キャンパス32号館1階108教室
参加費 1000円(当日受付でお支払いください)
定員 400名

通訳:高橋知音氏(信州大学学術研究院教育学系 教授)
参加申込 ウェブサイトよりお申込みください。定員になり次第締切
https://form.hino.meisei-u.ac.jp/hattatsu/symposium/

20180121明星大学 国際講演会ご案内

【研修会】2018.1.27 発達障害支援人材育成研修会2017(後期)

「大人の発達障害」

https://jddnet.jp/event180127/
日時 2018年1月27日(土)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 山梨英和大学(〒400-8555 山梨県甲府市横根町888)
定員 200名
参加費 5,000円(資料代として)※要事前振込 (お弁当をお申し込みの方はプラス700円)
申込 事前にJDDnetの申込フォームページから申し込み

10:00~11:30「二次障害について~彼らの苦悩と精神症状をめぐって~」
順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 客員教授 廣澤 正孝氏
11:40~12:40「二次障害について~地域で暮らす多問題をかかえた事例への対応~」
社会福祉法人ぶどうの里 総合施設長 田村 正人氏

13:40~15:10「サクセス~ASD者が自分らしく生きるための、活きた支援~」
JDDnet副理事長 TEACCHプログラム研究会会長
大正大学心理社会学部 臨床心理学科教授 内山 登紀夫氏
15:30~16:30「サクセス~自分らしく過ごすための余暇支援~」
こころのサポートセンター ネストやまなし 施設長 中嶋 彩氏

20180127【チラシ】2017年度後期人材育成研修会

【シンポジウム】2017.12.10 NPO法人ADDS 実装PJ第1回公開シンポジウム

『エビデンスに基づく早期療育モデルで描く未来-地域で拓く親子の可能性-』

NPO法人ADDSでは、28年度科学技術振興機構研究開発成果実装支援プログラムの採択をうけ、応用行動分析(Applied Behavior Analysis; ABA)に基づく親子共学型早期療育モデルを、全国の地域に実装するプロジェクトを進めています。
12/10(日)に、その初年度の集大成となるシンポジウムを開催いたします。

日時 平成29年12月10日(日)10:00~17:00
会場 慶應義塾大学北館ホール(東京都港区三田2-15-45)
参加費 無料
〆切 12月7日(定員に達し次第〆切)

20171210シンポジウムチラシ

2017.11.25発達障害の理解を広げる市民フォーラム2017

「教育と福祉」がつながったらいいな

日高市で活動している、発達障がい児を支援する会「快サークルコロネット」様よりお知らせいただきました。

日時 2017年11月25日(土)14:00~17:00
会場 日高市総合福祉センター「高麗の郷」研修室
入場無料 定員100名

第一部 宮崎芳子さん講演会
第二部 シンポジウム「ダイバーシティ~自分らしく輝けるように~」

詳細は、以下のチラシをご覧ください
filename-1

【公開講座】2017.12 東京福祉大学・大学院 特別支援教育専門性向上公開講座

日程 平成29年12月2日(土) 、平成29年12月9日(土) 2日間6講座
会場 東京福祉大学伊勢崎キャンパス 5号館2階 521・522教室、体育館
定員 各日60名
*申し込み期限は 11 月 18 日です。
*定員になり次第ホームページでお知らせします。

参加費 1日につき2,000円(2日間とも参加される方は4,000円)
*キャンセルや欠席、一部欠席による返金はございません。
持ち物 1日目は、演習でフェイスタオル・体育館シューズが必要になります。

その他詳細は、チラシをご覧ください。
2017特別支援教育公開講座

【シンポジウム】2017.12.12 JTB主催・川崎市共催・JDDnet協力『発達障害を手掛かりとして考える心のバリアフリー』シンポジウム

12月12日(火)に川崎市にて、JTB主催、川崎市共催、JDDnet協力で、『発達障害を手掛かりとして考える心のバリアフリー』シンポジウムが開催されることとなりました。

午後の基調講演では、川崎市市長と並んでJDDnet市川理事長が、テーマ『発達障害がわかると進む心のバリアフリー』としてご登壇されます。

詳細は、以下川崎市HPに掲載されています。
http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/250/0000092070.html