その他情報

2017.11.15生活保護に関する集会

いのちのとりで裁判全国アクション(JDも会員団体)では、11月15日午後、参院会館講堂で、生活保護に関する集会を開催します。
多くのご参加を呼びかけます。参加費、事前申し込みは不要です。ウェブはこちらです。
http://inochinotoride.org/whatsnew/171017innai.php

いま来年度に向けて生活保護の基準改定が社保審基準部会で議論されています。
5年前の改定では、基準部会での結論とは全くかけ離れた形で基準を引き下げられてしまいました。道理の通らない保護基準引き下げは、貧困の連鎖が強まる一方です。誰もが「健康で文化的な生活」を送ることを強く求めます。拡散のご協力もいただければありがたいです。

**
【集会タイトル】
 「ガマンくらべを終わらせよう。  ~生活保護でも大学に!下げるな!上げろ!生活保護基準」
【日時】11月15日(水)12時半~14時半
【場所】参議院議員会館講堂
【概要】
  司会:雨宮処凛さん(作家)・稲葉剛さん(住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
  基調講演「憲法25条が保障する生存権と生活保護基準引下げ(仮)」
                木村草太さん(首都大学東京大学院教授)
   特別報告「生活保護世帯の大学生の現状と課題~堺市実態調査から」
           桜井啓太さん(名古屋市立大学講師、元堺市CW)
 基調報告「生活保護基準部会での議論の状況」
           田川英信さん(いのちのとりで裁判全国アクション事務局)
  当事者・支援者の声
  ・子どもの専門学校進学で「世帯分離」された母子世帯の方
  ・生活保護を利用する高齢世帯、障がい世帯、母子世帯等の方々
【主催団体】いのちのとりで裁判全国アクション

★生活保護の充実を求める緊急署名も実施中です。あわせてご協力をお願いいたします。
署名用紙は以下からダウンロードできます。
http://inochinotoride.org/whatsnew/171019shomei.php

2017.11.11 平成29年度国立特別支援教育総合研究所公開のご案内

平成29年度国立特別支援教育総合研究所公開のご案内をいただきました。
詳細は、国立特別支援教育総合研究所HP 
http://www.nise.go.jp/cms/news/detail.6.13731.html
に掲載されています。

 日時: 平成29年11月11日(土) 9時30分 ~ 16時(予定)
 場所: 国立特別支援教育総合研究所
 費用: 無料
 テーマ:つかめ情報!がっつり体験!つながる特総研!~障害について考えよう~
 事前申込: 不要

<実施予定内容>

  • インクルーシブ教育システム構築に関する情報提供
  • 教材・教具や支援機器等の展示・実演
  • 障害種別の研究班による体験型展示
    (生活支援研究棟見学、無響室体験、車いす乗車体験など)
  • 渡辺 元智氏(横浜高校野球部前監督)よる講演および本研究所理事長との対談 
  • 障害者スポーツ体験(車椅子バスケットボール)
  • 特別支援学校の生徒によるあん摩マッサージ体験
  • 子ども向けの理解啓発イベント ※託児サービス実施予定
  • 最新の研究成果等に関するパネル展示
  • 作業所[障害者福祉施設]によるカレーライスやパン等の販売

世界自閉症啓発デー2018 作品募集

世界自閉症啓発デー日本実行委員会では、毎年4月の世界自閉症啓発デーや発達障害啓発週間に、国民の皆様に正しい理解を深めていただくために、自閉症や発達障害の方の作成した絵画等の作品展(東京タワーにおけるライト・イット・アップ・ブルーの会場、世界自閉症啓発デー・日本シンポジウムの会場において実施)、公式ウェブサイトへの掲載等を予定しております。

この度2018年4月に向けた作品の募集を行うこととしましたので、ご協力をお願いします。

募集概要

(1)応募作品は、自閉症をはじめとする発達障害の方の作品として下さい。

(2)応募作品の提出期限は平成30年1月24日(日)、送付先は、下記の通りです。
〒104-0044 東京都中央区明石町6-22 築地ニッコンビル6F
日本自閉症協会 事務局  陳野 功 宛
お問い合わせ tel:03-3545-3380    mail: asj◆autism.or.jp

(3)作品は、絵画,版画,切り絵,陶芸,工作等、形式は問いませんが、実物ではなく写真データをCD-Rに保存して送付して下さい。送付の際は、送付者名とご住所、連絡のつくご連絡先、作品タイトルと作者名を添付して下さい。

*カメラの画素数は800万画素以上、設定を最高の記録画素数、画像圧縮率として下さい。
(画素数)「14M」「10M」「5M」「3M」「2M」「1024」「640」 →「14M」、
     「L」「M」「S」→「L」
(画像圧縮率)「★★★」「★★」「★」の3種類→「★★★」、
       「FINE」「NORMAL」「BASIC」の3種類→「FINE」

*平面作品はゆがまないように、立体作品は特徴がよくわかるように撮影してください。

*保存のファイル形式は JPEG(推奨),BMP,PNG等として下さい。PDFは不可とします。

(4)応募された作品データの著作権は主催者側に帰属し、写真パネルに加工してシンポジウム会場等への展示、公式サイトへの掲載などに使用します。また、「世界自閉症啓発デー2018」等の文字挿入等の補作等、ポスターやリーフレットへの転載をする場合があります。

*写真パネルやウェブページの色調は、印刷等の関係で実物と異なる場合があります。

(5)応募作品が、自閉症や発達障害の啓発という趣旨に沿わない場合など、応募頂いた作品は必ず展示や掲載されるわけではないので予めご承知おき下さい。

(6)応募作品データは返却しません。

 

【情報】DO-IT Japanスカラー募集

主宰者の方からご案内をいただきました。
募集〆切が近くなっておりますので、ご注意ください。
———————
今年もDO-IT Japan(全国から選抜された障害や病気のある中学生,高校生・高卒生,
大学生・大学院生の中から,将来の社会のリーダーとなる人材を養成することを
目的としたプログラム)の参加者募集期間が開始されております。
http://doit-japan.org/

今年は,小学生はアコモデーション・コース(中学生になったらスカラープログラムに
応募したい!と思っている小学生に向けて、スカラープログラムの体験としての
特別コース)に応募することができます。

選抜への応募をご希望出ない場合も,障害のある児童生徒(または保護者),
障害のある大学生/大学院生は,DO-IT PALプログラムへの登録が可能です。

募集締め切りは5月8日(当日消印有効)です。

 先だって,夏季プログラムの様子を収めたビデオも公開しております。応募の際の
ご参考まで,お使いください。
https://doit-japan.org/2017/movie/

どうぞよろしくお願いいたします。

JD(日本障害者協議会)緊急アピール-精神保健福祉法改正案について-

JD(日本障害者協議会)からの情報です。
現在、国会で審議中の精神保健福祉法改正案について、 法案の趣旨に書かれていた、相模原事件に関する記述が削除され、さらに微妙な修正を加えたものに差し替えられました。

このような立法過程は前代未聞の重大な問題であることから、JDは「緊急アピール」を公表しました。

緊急アピールは以下のURLよりご覧いただけます。
http://www.jdnet.gr.jp/opinion/2017/170417.html

文部科学省 特別支援学校小学部・中学部学習指導要領案に対するパブコメ募集

文部科学省初等中等教育局特別支援教育課より、特別支援学校小学部・中学部学習指導要領に対するパブリックコメントの募集が開始されました。
意見・情報受付締切日は4月15日となっています。
—————————————————————————————-
(パブリックコメントホームページ)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000894&Mode=0
—————————————————————————————-
ぜひご意見をお寄せください。

【新聞記事】日本経済新聞:特別支援学校の次期学習指導要領改定案を公表

2017年3月17日付 日本経済新聞の記事です。
文部科学省は17日、特別支援学校の小学部と中学部の次期学習指導要領改定案を公表した。

記事は以下リンクより

2017.3.17 日本経済新聞
「特別支援学校の次期学習指導要領改定案を公表」

 

3/27 (月)AM5:37~NHKマイあさラジオ 田中康雄先生による「子どもの発達障害」が再放送されます

JDDnetからのお知らせです。
昨年NHKラジオにて放送されました、JDDnet田中康雄理事による「子どもの発達障害」が再放送されることになりました
————————————————————————-
【詳細】
●テーマ:「子どもの発達障害」
●NHKラジオ第一放送 マイあさラジオ『健康ライフ』コーナー
●日にち:3月27日(月)~31日(金)5日間(5回シリーズ)
●時間:午前5時37分~
————————————————————————-
春の爽やかなお目覚めのひと時に、ぜひ、お聞きになっていただければと思います。

(自閉症啓発デーシンポジウム)twitter・facebook等での情報拡散協力のお願い

4月8日、世界自閉症啓発デー2017シンポジウムに向けて、現在、自閉症協会や各関係団体でも周知を呼びかけております。
最近ではtwitterやfacebookといった個人から個人(フォロワー)への電子媒体による情報拡散が主要になってきております。
そのため、これらを利用した情報拡散を行って頂きたくお願いいたします。
下記をコピーしご自由にご利用ください。(文章は変更して頂いて構いません)

☆twitter・facebook-------------------

世界自閉症啓発デーシンポジウムが4月8日(土)に開催!
公式HPにて参加者を募集中!
【公式HP】
http://worldautismawarenessday.jp/htdocs/

#自閉症 #啓発デー #厚労省 #4月2日  #発達障害

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JDDnetからのお知らせ 発達障害『無料映画上映会』を実施・実現するために

JDDnetからのお知らせです。
JDDnetでは無料の映画上映を通して、発達障害の理解を深めてもらうために、
クラウドファンディングによる挑戦をしています。
しかしながら現在、目標金額にはまだまだ届かない現状とのことです。
多くの皆様のご協力をよろしくお願いします。

———————————————————————————-
★タイトル
 「無料の映画上映を通して、発達障害に対する理解を深めてほしい」

★クラウドファンディングURL
http://readyfor.jp/projects/JDDnet20170401

★募集金額
 目標金額97万円

★募集期間
2月 23日(木) 10:00~3月 31日(金) 23:00までの36日間

■イベント情報■
JDDnetHP:http://jddnet.jp/event170401/
JDDnetFacebook:https://www.facebook.com/JDDnet/
———————————————————————————-

これまでJDDnetは、日本の発達障害を代表する全国組織として、理解啓発や政策提言など、発達障害のある方の自立と社会活動を推進する活動をしてきましたが、発達障害は「見た目にはわからない障害」であるため、まだまだ偏見や誤解があり、発達障害のある子どもや大人、そして保護者の中には、つらい思いをしている方も多くいらっしゃいます。

そこで、4月2日~8日の「発達障害啓発週間」に合わせて、映画無料上映会を実施し、発達障害の理解を深めたい!と考えて、このプロジェクトを立ち上げました。

今回のプロジェクトの目的は、発達障害について「知る」機会を作ることです。
言葉は聞いたことがあるけれども、具体的にはどんな障害なのかわからないという方に、発達障害のことを映画で、気軽に、抵抗感少なく知ってもらい、発達障害のある方や関係者の「困ってる」は、実は身近なことだということに気づくきっかけとしていただきたいのです。

クラウドファンディングというのは、インターネットを通じて、人々に比較的少額の資金提供を呼びかけるものです。「ALL or NOTHING」という仕組みのため、目標額に1円でも到達しないと不成立になってしまい、それまで集まった支援金が受け取れなくなってしまいます。
現在、私たちのプロジェクトの目標金額は97万円です。  

ページを見て、少しでも共感していただけましたら、お力を貸していただけないでしょうか。
ご支援いただいた皆さまには、金額に応じてお礼のリターンをご用意しております。
(※支援にはクレジットカードが必要となります。)

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
プロジェクト実現に向けて頑張りますので、どうか応援よろしくお願いいたします。