県内の情報

埼玉県内の情報をお伝えします

会場&オンライン開催)さいたま市「障害者週間」市民のつどい

さいたま市では、障害者週間を記念して、さいたま市「障害者週間」市民のつどいを開催します!
令和3年度は、オンラインと会場の両方で開催します。
詳細は、こちらのさいたま市ホームページからご確認ください。
チラシはこちらから R3syougaisyasyukantirashi

基調講演(動画配信形式)

【講師】大前 光市氏
東京パラリンピック開会式に出演された義足のダンサー
「障害」による肉体的・精神的なダメージに打ち勝ち、プロダンサーの夢をつかんだ経験談をお話いただきます。

さいたま市公式YouTubeチャンネルにおける、申込者限定配信
公開期間:令和3年12月3日(金曜日)から令和3年12月13日(月曜日)まで
【申込】                                         
講演の視聴には申込みが必要です。上記記載の、さいたま市ホームページの申込みフォームからお申込みください。
※お申込みにはメールアドレスが必要です。
申込期限:令和3年12月10日(金曜日)まで 

オンライン部門

さいたま市公式YouTubeチャンネルでの動画配信
配信期間:令和3年12月3日(金曜日)から令和4年1月31日(月曜日)まで
(配信開始後、さいたま市ホームページにリンクが掲示されます)
【配信予定動画】
・障害について理解を深める動画
・障害・難病者制作品展
・障害のある方によるステージ発表

会場開催

日程:令和3年12月4日(土曜日)午前10時から午後2時
会場:浦和駅東口駅前市民広場
【内容】
・障害者団体や施設による販売コーナー
・障害者スポーツの体験ブース
・モニターでの動画放映

2021.12.5 埼玉県「みんな幸せ・共生社会 県民のつどい」

12月3日~9日は「障害者週間」「埼玉県共生社会づくり推進週間」です。これを記念し、埼玉県及び埼玉県教育委員会では、障害に対する県民の理解を深め、共生の心を育む地域づくりを推進するため、「みんな幸せ・共生社会 県民のつどい」を開催します。

日時)令和3年12月5日(日曜日)10時00分~15時40分
第一部 10時00分~12時20分
オープニングコンサート、記念式典、彩の国バリアフリーコンサート
第二部 13時20分~15時40分
杉戸町障がい者団体発表、児童・生徒のステージ発表

会場)彩の国いきいきセンターすぎとピア 多目的ホール

第一部については、11/17(水)までの事前申し込み・抽選で定員70名です。
第二部は申込不要です。
詳細は以下をご覧ください。
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/library-info/kenminnnotsudoi.html

第一部 「彩の国バリアフリーコンサート ~ 音楽は言葉をこえて ~」
感性溢れる異才のピアニスト紀平凱成さんによるコンサート。
詳細は以下をご覧ください。
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0604//festival/barrierfreeconcert03.html

埼玉県ケアラー支援オンラインフォーラム・NHKハートフォーラム

埼玉県からご案内をいただきました。

県では11月23日(火・祝)にフォーラムをオンラインで開催します。
また、11月26日(金)にはNHKさいたま放送局とともに、ヤングケアラーに関するフォーラムを開催します。

詳しくは別添チラシ若しくは、以下の県ホームページをご確認ください。以下のホームページ内に専用の申込サイトのリンクが貼ってあります。

<県ケアラー支援フォーラム>11月23日(火・祝)13時~15時30分
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0609/chiikihoukatukea/carer-forum.html
チラシ ケアラー支援フォーラム

<NHKハートフォーラム ヤングケアラー ~SOSを見逃さないために>
11月26日(金)14時~16時
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0609/chiikihoukatukea/youngcarer-forum.html
チラシ NHKハートフォーラム

皆様の御参加をお待ちしております。

埼玉県 11月は「ケアラー月間」・当会も「ケアラー支援宣言」を行いました

11月を全国で初めて「ケアラー月間」と定め、月間中は、フォーラムの開催などケアラーのことを知ってもらい、支援に対する協力の輪を広げ、ケアラーが孤立することのない社会の実現を目指します。

当会では、この埼玉県の呼びかけに賛同し、「ケアラー支援宣言」をさせていただきました。
当会で11/9(火)に開催する「幼児学齢グループ交流会」は、ケアラー支援宣言をさせていただいたように、活動の中での支え合いを念頭において開催いたします。

【ワクチン接種支援ツール】 埼玉県立入間わかくさ高等特別支援学校 地域支援・連携部通信「リンク第5号」に掲載いただきました

埼玉県立入間わかくさ高等特別支援学校 地域支援・連携部が発行している通信「リンク第5号」(2021.8.5発行)に、当会で公開している視覚支援ツールのご紹介をしていただきました。
情報を公開してから16歳以上の方が接種対象となったため、「特別支援学校高等部の生徒さんとその保護者さんに情報が届きますように」と思っていたところです。
学校からの情報としてご紹介いただけたこと、そして、通信にも記載されていますが
「ご連絡いただければ、お子さんに合った支援ツールをご一緒に考えさせていただきます」という特別支援教育コーディネーターの先生のご対応に、親として・そしてこの支援ツールを公開している立場として、心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

「埼玉県障害者ワークフェア2021」(オンライン)の開催について

埼玉県では毎年9月の障害者雇用支援月間に、労働・福祉・教育の関係機関が連携し、障害者の雇用と社会参加の一層の促進を図るための標記啓発イベントを開催しています。

今年はオンラインで開催となります。
Web上の特設ページにて、障害者雇用に関係の深い、障害者団体、就労支援施設、企業、特別支援学校、雇用支援機関の活動内容や製品の通信販売のほか、パラリンピック東京2020大会、福島県応援キャンペーンの紹介を行っています。


埼玉県障害者ワークフェア2021特設ページ
(令和3年10月末までの期間限定公開)

埼玉県・さいたま市の「自宅療養の手引き」

感染者数の拡大により、自宅療養を余儀なくされるケースが多くなっており、県内では悲しいニュースも流れています。
埼玉県とさいたま市がそれぞれ作成・公開されている「自宅療養の手引き」についてご紹介します。もちろん、かからないにこしたことはありませんが、ここまで感染が拡大していると、いつ・どうなるかわからない現実があります。
ぜひ一度お目通しいただき、準備・心づもりをされることをおすすめします。

◆埼玉県HPに「自宅療養の手引き」が公開されています。
自宅療養を行う上で留意いただきたい点や健康観察の方法、配食サービス、療養の終了基準、症状悪化時の連絡先などがまとめられています。

自宅療養の手引き(新型コロナウイルス感染症)

◆さいたま市HPにも「自宅療養の手引き」が公開されています。
自宅療養に際して、留意いただきたい点や健康観察の方法、症状が悪化した場合の対応、自宅療養の終了基準などについてまとめたものです。

新型コロナウイルス感染症の患者さんのための「自宅療養の手引き」

また、濃厚接触者と判定された方について、図やイラストでわかりやすく説明したページもあります。
新型コロナウイルス感染症 陽性者及び濃厚接触者の方へ

【ワクチン接種支援ツール】深谷市ホームページに掲載いただきました

深谷市ホームページ 「深谷市新型コロナワクチン接種について」ページ内に
「発達障害などのあるかたとその家族、支援者のかたへ」として、当会で公開している視覚支援ツールのご紹介をいただきました。
(ページ下部にスクロールしてご確認ください)

深谷市障害福祉課の皆さん どうもありがとうございます。

【ワクチン接種支援ツール】さいたま市ホームページに掲載いただきました

さいたま市ホームページ 「障害者福祉」のページ内に
「発達障害等のある方へワクチン接種に関する情報を伝えるためのツールについて」として、当会で公開している視覚支援ツールのご紹介をいただきました。

さいたま市障害政策課の皆さん どうもありがとうございます。

【ワクチン接種支援ツール】埼玉県発達障害総合支援センターホームページに掲載いただきました

埼玉県発達障害総合支援センターホームページ内「新型コロナウイルス感染症に関連する参考資料」に、当会で公開している視覚支援ツールのご紹介をいただきました。

視覚支援ツールの作成にあたっては、埼玉県発達障害総合支援センターの皆さんにご相談し、ご意見をいただきながら作成しました。
できあがった視覚支援ツールは、埼玉県発達障害総合支援センターから埼玉県内全市町村にお知らせいただきました。

埼玉県発達障害総合支援センターの皆さん 本当にありがとうございます。