すまいるプログラム

【活動報告】平成27年度すまいるプログラム

<平成27年度活動実績>

9月 5日(土)事前学習・研修会(川越特別支援学校)
10月 3日(土) 実践プログラム (川越特別支援学校)
11月15日(日)実践プログラム (川越特別支援学校)

平成27年度のすまいるプログラム開催に際しては、帝京科学大学作業療法学科教授の石井孝弘先生にご協力いただき、家庭、そして学校の中で手軽に使える運動器具や感覚遊びなど体を使う遊びや、子どもたちの身体の使い方について感覚統合の視点を取り入れた関わり方を学び、日常に生かすこと。そして、子どもたちには自分の大好きな遊びを思いっきり取り組むことで満足感を得ることを目的とし9月・10月・11月の3回にわたり実施しました。会場として埼玉県立川越特別支援学校をお借りしました。

9月には感覚統合について学ぶ研修会と、支援者の方が様々な器具を実際に体験する機会を設けました。参加する保護者のみならず支援者の方々にも多数ご参加いただき、大変好評のうちに終えることができました。
~IMG_0557IMG_0579 ~IMG_0605 ~IMG_0613

~IMG_0932

小豆を使って感触遊び

10月は親子に参加してもらっての実践プログラムを実施しました。小豆やスライムを使った感触遊び、身体全体を使って楽しむスクーターボード・スイング・トランポリン・バランスボール等を使用し、石井先生からは一人ひとりの様子を見ていただきコメントを寄せていただきました。

11月は2度目の実践プログラムということで、より一人ひとりに合わせた関わり方の実践を行うようにしました。保護者には2回の実践を通じてのフィードバックを個別に行うことで、子どもの理解を進めてもらえるよう努めました。

 

トランジションエリア

はじまりの会で子ども達に今日の予定を説明

全体を通じ、写真や絵を使っての説明をていねいに行い、子どもたちの不安をなるべく減らすよう努力しました。見通しを持って活動できたためか混乱する子どもたちもなく、楽しく活動を行うことができました。