お役立ち情報

子育て・生活に役に立つ情報をお伝えします

【情報】「不確実な時に自閉症の人を支援するということ 」

諏訪利明先生がいらっしゃる川崎医療福祉大学ホームページに「不確実な時に自閉症の人を支援するということ 」として、メッセージが記載されています。
ホームページには、先生方が翻訳されたメッセージがPDFで掲載されていますので、ぜひご覧ください。

https://w.kawasaki-m.ac.jp/data/6278/topicsDtl/

*****(以下、川崎医療福祉大学HPより引用)*****

ノースカロライナ大学の自閉症支援・研究の専門家の一人であるカラ・ヒューム先生から、日本にひとつの記事が送られてきました。

その内容は、ノースカロライナ大学のフランクポーターグラハム児童発達機関の自閉症チーム(Frank Porter Graham Child Development Institute Autism Team)からの発信で、新型ウィルスがいつ収束するのか、はっきりした見通しもなく不安な思いで生活しているASDの人たちに向けて、そしてその支援にあたっている家族や支援者に向けての心強いメッセージでした。具体的な方略が7つにまとめられて書かれており、とてもわかりやすい記事です。もう少し読みやすい形にできないかな、と思い、そこで、今回、本学社会連携センターTEACCH Autism Programでは、職員全員で、その記事を急遽翻訳して大学のHPでも発信することにしました。(この翻訳は日本のTEACCHプログラム研究会のHPでも発信しています。)拙訳ですし、時間のない中で、できるだけを訳してみました。どうぞ参考にしてみてください。

今回、彼らの動きに触発されて大学としてこうした発信ができることを、本当に誇らしく感じました。これからも自閉症の人たちとその家族を中心に、支援する人たちと共に考える、そうした発信を続けていきたいと思いました。

川崎医療福祉大学
社会連携センター
TEACCH Autism Program
諏訪利明、下田茜、小田桐早苗、重松孝治

*****(引用ここまで)*****

【情報】日本自閉症協会掲示板(コロナウィルス関連)の開設

日本自閉症協会からの情報です。

********

今回のコロナウィルスの影響を受けまして、
日本自閉症協会HP上に、自閉症スペクトラムの特性を持つ方のご家族、当事者の方、関係者の方を対象とした、コロナウィルスに関する情報掲示板を作成いたしました。

コロナウイルス対策関係で、お困りのことや工夫されていることなどがございましたら是非ご紹介ください。
http://www.autism-japan.org/cgi-bin/epad/epad.cgi 

どうぞよろしくお願いいたします。

********

【書籍】知的障害や発達障害のある人との コミュニケーションのトリセツ/坂井 聡 著

毎年夏のトレーニングセミナー公開講座で講師としていらしていただいている坂井聡先生よりお知らせいただきました。(坂井先生 ありがとうございます!)

*******

エンパワメント研究所 ¥1,980

このたび、エンパワメント研究所から
「知的障害や発達障害のある人との コミュニケーションのトリセツ」
と題した書籍を刊行させていただきました。

私は、かつて2002年に「自閉症や知的障害をもつ人との コミュニケーションのための10のアイデア」を刊行させていただき、おかげさまでその後17年間で23,000部も発行されました。
しかし、その後、障害者をとりまく環境にはさまざまな変化がありました。
障害者に対する考え方や法律・制度にも大きな変化や進展がありました。
また、障害をもつ人たちとのコミュニケーションをサポートする機器やICTと呼ばれる情報通信技術の環境も大きく変わりました。
とりわけ、スマホや携帯型情報端末の進化、さらにはそれらを利用して活用されるアプリの開発などは実に日進月歩です。
本書では、そうした変化をもふまえつつ、障害をもつ人とのコミュニケーションという変わらない問題についての、決して忘れてはならない視点についてまとめてみました。
機会がございましたら、お手にとってお読みいただると幸甚です。

お求めは下記からお願いいたします。
特典付きチラシ(1冊でも送料無料・10冊以上の注文で特価)
https://bit.ly/2OsjFrs
スペース96のネット書店
https://bit.ly/33ZMxxV
エンパワメント研究所のネット書店
https://bit.ly/341lzGd

電子書籍
https://bit.ly/36sTlVH
★Amazon
https://amzn.to/32ZFS5N

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【書籍】地域共生ホーム/全国知的障害者施設家族会連合会 編著

埼玉大学教育学部特別支援教育講座 准教授 宗澤忠雄先生よりご案内いただきました。
宗澤先生は、当会が参画している埼玉県障害者施策推進協議会 会長を務めていらっしゃいます。
このたび、宗澤先生も執筆された書籍が出版されました。

*****

中央法規出版 ¥1,980

これからの施設や暮らしの在り方について多角的にまとめた一冊

本書は、既存の障害者支援施設の現状を見つめ直し、地域生活の根拠地として「地域共生ホーム」という考え方を示し、地域生活を営むそこでの暮らしのあり方を新たに提言したもの。
市民としての地域生活、職員の専門性、施設長、施設運営、権利擁護など、多角的な内容に触れる。

DVD 一般社団法人日本自閉症協会監修「自閉症とともに 自閉症の理解と支援」販売開始

日本自閉症協会監修のDVD「自閉症とともに 自閉症の理解と支援」(全3巻。セット価格10,000円+税)8月末より販売開始となりました。

購入について【11月末日まで送料無料】
チラシ 【完成版20190810】dvd_jiheisho をご利用いただきFAXにてか、あるいは日本自閉症協会HPよりご注文いただけます。
お申込みいただきましたら、請求書が送られます。
商品発送は、入金後の発送となります。(目途としてご入金から2週間以内)
ご了解いただきたくよろしくお願いいたします。
11月末日まで送料無料 となっておりますので、この機会に是非ご購入をご検討ください。

 

映画「トスカーナの幸せレシピ」

公式HPはこちら http://hark3.com/toscana/

料理がつないだ“元一流シェフ”と“アスペルガー症候群の青年の友情を描くバディー・ムービー!

10月より、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。イタリア映画。
日本自閉症協会も後援しています。
字幕監修は本田秀夫先生(信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部部長・日本自閉症協会理事)が務められています。

(全国シアター情報)https://theaters.jp/1400

2019.7.1(日本経済新聞記事)西武鉄道、スマホアプリで障害者割引運賃を適用: 日本経済新聞

日本経済新聞の記事です。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46822300R00C19A7XQH000/

障害者手帳の代わりに、スマートフォンのアプリ「ミライロID」を提示することで障害者割引運賃を適用するサービス。西武鉄道や西武バス、西武ハイヤーでもOKとのこと。
県内では西武鉄道を利用される方も多いと思いますので、利便性が高まるのはありがたいことですね。

西武鉄道のホームページにも掲載がありました。(ニュースリリース)
https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2019/20190701_mirairoid.pdf

消費者庁「障がい者の消費行動と消費者トラブル 事例集」

日本自閉症協会から情報をいただきました。

事例集は2019年5月に出されたものです。
徳島県と岡山県の障害者本人を対象としたヒアリング調査によって収集した消費者トラブル事例を、その方の普段の消費行動、トラブルに関連する法律などのミニ知識、アドバイスを事例ごとにまとめています。
事例として、携帯電話販売店での契約、迷惑メールへの対応、スマホゲームの課金、サービスの複数契約、SNSなど、具体的なトラブル例が紹介されています。
また、調査から見えてきた、消費行動における障害特性が紹介されています。

https://www.caa.go.jp/future/project/project_009/
こちらからダウンロードできます。

NPO法人東京都自閉症協会発行冊子『アスペルガー症候群を知っていますか?』改訂版発行しました!

NPO法人東京都自閉症協会事務局様よりご案内いただきました
『アスペルガー症候群を知っていますか?』の改訂版が発行されたそうです。
=======

お待たせしました! 再販です。
内山登紀夫先生執筆、1冊300円。
詳しくはこちらへ。

http://www.autism.jp/news/2019/06/000952.html

=======
直接 東京都自閉症協会様へお問い合わせください。