5月14日 自閉症勉強会公開講座 こくちーずPROでも募集を開始しました

(参加者募集)自閉症勉強会公開講座「インフォーマルアセスメントを学ぼう!~評価から支援へ~」」

既に募集を開始している自閉症勉強会の公開講座「インフォーマルアセスメントを学ぼう」ですが、本日より「こくちーずPRO」ページでも参加者の募集を始めました。
http://www.kokuchpro.com/event/ass20170514/
上記の「こくちーずPRO」ページからでも申し込みが可能となっております。
たくさんの方にご参加いただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

JD(日本障害者協議会)緊急アピール-精神保健福祉法改正案について-

JD(日本障害者協議会)からの情報です。
現在、国会で審議中の精神保健福祉法改正案について、 法案の趣旨に書かれていた、相模原事件に関する記述が削除され、さらに微妙な修正を加えたものに差し替えられました。

このような立法過程は前代未聞の重大な問題であることから、JDは「緊急アピール」を公表しました。

緊急アピールは以下のURLよりご覧いただけます。
http://www.jdnet.gr.jp/opinion/2017/170417.html

【活動報告】3/27 世界自閉症啓発デーin埼玉「もっと知ってください。自閉症のこと。」

コバトン 颯爽と登場

行進しながら元気よく登場したさいたまっち

今年の啓発活動はちょっと早めの平成29年3月27日 に実施しました。
場所は昨年同様、JRさいたま新都心駅。
行いは良かったはずなのに・・・冷たい雨が降りしきる寒い日となってしまい出足が心配でしたが、そこは新都心!
お仕事中のサラリーマンの方、春休み中のお子さんを連れたファミリーなど、たくさんの方に啓発チラシとティッシュを配布することができました。


今年ももちろん、埼玉県の人気者「コバトン」が一緒に啓発してくれました。

ただ、今までと違うのは・・・「さいたまっち」も来てくれたこと!

この啓発活動では「初さいたまっち」のお目見えです(*^_^*)
コバトンとバトンタッチして、後半の啓発活動を頑張ってくれました。
元気いっぱいでしょう?(笑)

この啓発活動を実施するにあたっては、埼玉県発達障害総合支援センターの皆さん、さいたま市障害政策課の皆さんには大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

【講習会】2017.6.17 感覚統合療法入門講習会 【基礎コース】開催のご案内

当会「すまいるプログラム」で大変お世話になっている、石井孝弘先生のご講演です!
下記、申し込み方法や受付期間等を十分にご確認のうえ、ご興味のある方はぜひどうぞ。
—————————
感覚統合療法入門講習会 【基礎コース】開催のご案内
(受講後は学会主催の基礎コース修了と同等となります)
主催 NPO法人す馬いる

■ 開催・申し込みについて
講習会名:感覚統合療法入門講習会 【基礎コース】
開催日時:2017年6月17日(土) 18日(日)
会  場:帝京科学大学 千住キャンパス 7号館 東京都足立区千住桜木1-11-1
(会場となる帝京科学大学一切の問い合わせには応じられませんのでご注意ください)
講  師:石井 孝弘(帝京科学大学 医療科学部 作業療法学科)
定  員:100名
多くの方々のご参加をお持ちしています。

■この講習会の主な対象
①発達障害児の医療、療育、教育、福祉等の業務に従事している方。
②保護者・ご家族の方
■主な講義内容
感覚統合療法の基本的概要について以下のような内容を講義します。
(2日間 ともに9:30~16:30)
① 感覚統合及び感覚統合障害について   
②感覚統合の視点から見た子どもたちの行動理解
③感覚統合の視点(評価)        
④感覚統合を療育/生活に生かす
連絡先:t-ishii@ntu.ac.jp

●受講申込方法
申込みは、メール(t-ishii@ntu.ac.jp)で受付致します。

件名に必ず「入門基礎 す馬いる」といれてください。本文に、氏名、連絡先名称、連絡先電話番号を記入して送信をお願いします。(受信拒否などによる連絡困難は一切の責任を取りませんのでご注意ください。特に携帯電話からの申し込みの場合にこちらからのメールが拒否されることが多発しております。可能な限りパソコンのメールでお願いします)

多数の応募になる為に郵送・電話等での受付は行っていません。(携帯電話からのメールは不可です。ご注意ください。件名を指定したとおりに入れていただかないい場合には受付できないことがありますご注意ください)

※受講申込受付期間
2017年5月8日(月)~2017年6月9日(金)
*申込み期間中であっても、申込数が参加定員に達し次第、申込みを終了させて頂きます。
*折り返し受講決定通知をメールにて返信してお送りします。t-ishii@ntu.ac.jpからのメールを受信できるようにパソコンの設定をお願いいたします。

●参加費(資料代を含む): 9000円(日本感覚統合学会 会員非会員ともに同額)
参加費払込期限日は2017年6月9日まで
参加費は、お送りします受講決定通知に記載されている銀行口座へ振り込みください。
申込者のご都合により受講をキャンセルされる場合、以下の料率でキャンセル料をいただきます。
1)2017年6月10日までのキャンセル:参加費の0%
2)講習会開始日の2日前までのキャンセル:参加費の20%
3)講習会開始日の前日のキャンセル:参加費の50%
4)講習会開始日のキャンセル、又は無連絡不参加:参加費の100%

●注意事項
天候、天災、紛争、講師の急病等のやむをえない事情により講習会を中止することがあります。中止の連絡は参加者に対してメールでお知らせ致します。中止の場合、参加費は振込み手数料を差し引いた全額をご返金させていただきますが、これに伴い発生した交通・宿泊費(キャンセル料)等は各自でご負担頂くことになります。
■問い合わせ窓口
NPO法人す馬いる 代表理事 石井孝弘(帝京科学大学 医療科学部 作業療法学科)
メール:t-ishii@ntu.ac.jp 件名には必ず「入門基礎 す馬いる 問い合わせ」と入れてください
件名が違っていると返信できない場合があります.
※参加申込み後の連絡・問い合わせ(キャンセル等)は、メールにてお願い致します。
■学会への入会・今後の講習会予定について
学会への入会手続き方法、入会申込書は、学会ホームページをご参照ください。
本講習会は体験コース、実践コースなど

(参加者募集)自閉症勉強会公開講座「インフォーマルアセスメントを学ぼう!~評価から支援へ~」」

自閉症勉強会では拡大版として、本県自閉症支援トレーニングセミナーの講師である中山清司氏が代表を務める 合同会社オフィスぼん「bonワークス西宮」より譲田和芳氏をお迎えし、公開講座を開催します。
一人ひとりに合わせた支援をするためには、日常の様子からみるインフォーマルアセスメントは欠かせません。譲田先生には実践をふまえた評価のポイント等を講義・演習形式でお話しいただきます。
公開講座はどなたでも参加いただけます。皆様お誘いあわせのうえご参加ください。

日時 : 平成29年5月14日(日)10:45~16:00
会場 : 埼玉県立特別支援学校 さいたま桜高等学園 2F こばとんホール
参加費 : 1000円(当日徴収させていただきます)
持ち物 : 上履きをご持参ください。昼食はご持参いただいて構いませんがゴミはお持ち帰りください。
備考 : ご来場の際は公共交通機関をご利用ください

申し込み・問い合わせ先
埼玉県自閉症協会事務局まで(メールアドレス・TELはチラシに記載してあります)
「お名前(ふりがな)・在住、在勤の市町村名・連絡先・お立場(所属)」の4点をお知らせください。

ちらしは こちら から

(参加者募集)自閉症勉強会「もっと知ろう!ASDのこと」

埼玉県でも「自閉症支援トレーニングセミナー」が開催されるようになり、年々自閉症について「学びたい!」という声が高まってきています。
その声に応える形で有志が集い『学びたい人たちが立場を超えて共に学べる場を』と、平成28年度から勉強会を開催しています。
埼玉県内の学校の先生・事業所や施設職員等の支援者はもちろん、保護者の方も参加できます。
(有志で運営しておりますが、連絡先等開示の都合上、本会の申し込み・問い合わせ等は、埼玉県自閉症協会事務局宛とさせていただいております)
自閉症のことをもっと知りたいと思われている方、ぜひ一緒に学んでみませんか?

平成29年度は4月9日(日)から勉強会を開始します。
参加者を募集しておりますので、ご興味のある方はぜひお申込みください。
チラシは こちら から

(なお、トレーニングセミナー公開講座や実践セミナー受講に準じ、埼玉県内に在住・在勤の方を対象とさせていただきます。ご了承ください。)

★特に、今後のトレーニングセミナー受講をお考えの方については、事前に学んでおくことで3日間のセミナーが有意義なものになると思います。また、これまでのトレーニングセミナーに参加された方についても、振り返りのよい機会になるかと思います。ぜひ、多くの方の参加をお待ちしております!

【活動報告】県庁に展示してきました

世界自閉症啓発デーin埼玉 「もっと知ってください。自閉症のこと。」


埼玉県とJDDネット埼玉の事業として、今年も埼玉県庁本庁舎と第二庁舎の渡り廊下にてパネル展示を実施します。3月23日に掲示作業に行ってきました。
公開は、3月23日(木)~4月11日(火)県庁開庁時間内の公開で、最終日は午前中までとなります。

「世界自閉症啓発デー」「発達障害啓発週間」の案内のほか、発達障害の説明や、JDDネット埼玉 加盟団体それぞれの案内 等が展示されています。お近くに行かれた際には是非ご覧いただければと思います。

 

【活動報告】ライトアップツリーを展示してきました

世界自閉症啓発デーin埼玉 「もっと知ってください。自閉症のこと。」

1月にOPENした、埼玉県発達障害総合支援センター入口に、当会の子どもたちが作った手作りのペットボトルツリーを展示していただけることになり、3月22日に搬入・展示してきました。
これは、子どもたちがペットボトル一つひとつに青い色を塗ったり・セロファンを貼ったりしたものをツリーにしています。
そこにお母さんたちが紙ナプキンで作った白い天使を飾っています。

今年は4月2日が日曜日となっており、埼玉県の公的な機関でのライトアップが難しいということで、残念ながら当日のイベントができないのですが、センターに展示してありますのでお近くに行かれた際には是非お立ち寄りいただき、ご覧ください。

2017.3.27 世界自閉症啓発デーin埼玉「もっと知ってください。自閉症のこと。」

世界自閉症啓発デーin埼玉「もっと知ってください。自閉症のこと。」

会員の皆さんにはすでに機関紙「すまいる3月号」でお知らせしていますが、当会で実施する世界自閉症啓発デーにおける啓発活動のご案内です。春休み中のお子さんも一緒に活動しませんか?

  1. 3月25日(土)事前準備
    27日の啓発イベントを前に、当日配布する啓発チラシとポケットティッシュの事前準備作業を行います。
    機関紙「すまいる3月号」には10:30~とご案内していますが「11:00~」と変更させてください。
    埼玉県障害者交流センター 会議室2 にて。
  2. 3月27日(月)啓発イベント
    JRさいたま新都心駅 自由通路にて
    当日は、「世界自閉症啓発デー」ならびに「埼玉県自閉症協会」の旗が立っています。
    13:00~13:15の間に現地集合してください。
    13:30~ 啓発チラシ&ポケットティッシュ配布
    持ち物:配布するポケットティッシュを入れる手提げ袋(紙袋でもエコバックでも)
    青いバンダナをお持ちであれば手や首に巻いてください。
    ブルーが自閉症啓発のカラーとなっています。身に着けてアピールをお願いします。
    コバトンも参加予定です!
    1.2の活動に参加される方は「どれに参加するか」を所属地区長までご連絡ください。

 

【情報】2017.3.25 意思決定支援推進全国キャラバンin東京

意思決定支援推進全国キャラバンin東京
~認知症や障がいのある人の意思決定を支える仕組みと実践手法を考える~

日時:2017年3月25日(土)13時~16時
場所:弁護士会館2階クレオ(千代田区霞ヶ関1-1-3)
定員:250名(先着順、無料)
※当日は終話通訳、要約筆記、点訳配布を行います。

詳細は、日弁連のホームページをご覧ください。
http://www.ichiben.or.jp/news/oshirase2016/event2016/325in.html