(参加者募集)2019.9.10 幼児学齢期グループ活動

次回の幼児学齢期グループ活動のご案内です。

この会は、前半はお子さんの様子や近況をお話ししていただくおしゃべり会、後半はお話いただいた内容をふまえ、自閉スペクトラム症の特性などについての勉強会、という形で運営しています。
いろいろなお話を聞かせてください。当会の先輩ママたちがお待ちしています。
(事前申込制です。当日の飛び入り参加はできません)

======
9月10日(火)10:30~12:00終了
障害者交流センター 第3研修室(昼食持参可)
======
中3までのお子さんをお持ちの保護者の方対象 
お申し込みは開催日1週間前の18時までに、埼玉県自閉症協会事務局まで
(会員は所属地区地区長へのメールでもOKです)
参加者氏名・所属地区・連絡先・当日話したいこと の4点をお知らせください
非会員の方はメールフォームをご利用ください 

参加費 埼玉県自閉症協会会員は無料 
*非会員の方もお試し参加の1回は無料ですが、2回目からの参加は1回1,000円

きょうだい児をお連れいただいても大丈夫ですが、きょうだい児のお子さんの保育はありません。お気に入りのおもちゃや飲み物・食べ物などはご持参ください

【情報】2019.8.24~8.25 自閉症カンファレンスNIPPON 2019

日時:2019年8月24日(土)10:00~ 25日(日)16:15
場所:早稲田大学 早稲田キャンパス 14号館 
   (東京都新宿区西早稲田1-6-1)

 18回目を迎える自閉症カンファレンスNIPPONが今年も開催されます。
米国ノースカロライナ大学TEACCH自閉症プログラムの臨床ディレクター、
クリスチナ・オラホバッツさんが、自閉症の人の学習スタイルや支援モデルを、
最新情報を交えながらわかりやすく説明します。
 他にも、自閉症カンファレンスNIPPON実行委員による発表や実践報告、
入門解説講座など、魅力的なプログラムをたくさんご用意しております。
詳細は日本自閉症協会ホームページTOPページのリンクからご覧ください。
 http://www.autism.or.jp/

(参加者募集)2019.9.8 ペアレントメンター事業 公開講座(原郁子先生)

「発達障害を考える~発達精神科の診察室から~」
講師:原 郁子 氏(横浜市総合リハビリテーションセンター 発達精神科医)

令和元年度ペアレントメンター養成研修 基礎講座受講者募集の記事でも公開しておりますが、多くの方に聴講いただける公開講座として、以下の日程で開催いたします。
埼玉県在住・在勤で、ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。皆様お誘いあわせのうえお申込みください。
また、この日が養成研修 基礎講座の初回となりますので、ペアレントメンターになりたいとお考えの方、受講を検討されている方、まだ受講は迷っているけれど興味はあるという方は参加申し込みをお願いいたします。
(「受講者募集」の案内は別途あります。埼玉県自閉症協会ホームページにも公開していますので、受講要件等確認のほどお願いいたします。)

この日は、横浜市総合リハビリテーションセンター発達精神科医の原郁子先生をお招きして、医療の立場から発達障害についてお話をうかがいます。
(昨年度もご登壇いただき、大変好評のうちに終了した講演会講師の先生です!)
==========

日時 令和元年9月8日(日)13:30~15:30(受付は13:10開始予定)
会場 埼玉県障害者交流センター ホール
(さいたま市浦和区大原3-10-1)
※ 会場の障害者交流センターは、十分な台数の駐車場がありますのでお車での来場が可能で
  すが、建物前の駐車場は「身体の不自由な方が優先」の駐車場となっております。
  建物裏側(浦和レッズ練習場側)の第2駐車場をご利用ください。
入場無料 定員150名(定員になり次第締め切ります)
お子さんの同席はご遠慮ください

申し込み 下記①②のいずれかの方法でお申込みください

手話通訳等含め、受講にあたり配慮が必要な方はあらかじめお申し出ください

①「こくちーずPRO」をご利用ください 
 http://www.kokuchpro.com/event/pm201909/ 】
※ お申込みされた方には、自動で受付完了のメールが送信されます。(お申込み前に
「@kokuchpro.com」ドメインからのメール受信ができるようにしてください。)

  お申込みいただく内容の詳細や、リンクから会場の地図等が確認できるほか、キャンセル
連絡等もできますので大変便利です。

②「こくちーずPRO」がご利用になれない方は、下記埼玉県自閉症協会 E-mailアドレス宛に
『お名前(ふりがな)・居住市町村(もしくは勤務地の市町村)・連絡先・所属先もしくはお立場』の4点をお知らせください
※ 当方で「こくちーずPRO」へ登録をさせていただきます。
  お申込みされた方には「こくちーずPRO」より、受付完了のメールが自動送信されます。

★ ①②共に、連絡先が携帯電話のメールアドレスの場合、迷惑メール等の受信設定によっては受付完了メールを受信できない場合がありますので、上記アドレスからのメールを受け取れるよう、あらかじめ設定の変更等をお願いいたします。

埼玉県自閉症協会
saitama-mentor◆as-saitama.com (◆を@に変えてお送りください)
(お申込み前に「@as-saitama.com」ドメインからのメール受信ができるようにしてください。)
090-6144-2793(平日10時~18時・休日は対応をお休みさせていただきます)

チラシはこちらから 2019m-5koukaikouza

=====

お申込みに際し、au携帯をお使いの方にお知らせです。

お申込みいただいた方に対し、
①「こくちーずPRO」では受付完了の自動返信メールが送られます。
②当会へのお申込みメールでは「受付完了しました」の返信メールを、基本3日以内に送信するようにしております。(時期によっては少し遅れることもあります)

しかし、①②どちらの場合も、au携帯からメール送信された方に当方PCアドレスからメールを送信すると、メールが送信先のau携帯に届かず、当方PCにも「メールが届きませんでした」という旨のエラーメッセージが来ない事象が、昨年度、何名かの方で確認できております。

au携帯をお使いの方で申し込んだにもかかわらず、「そういえば返信メールが届いていない」という方がおられましたら、メールフィルターの設定で、インターネットからのメール受信を制限していないかどうかのご確認をしていただいたうえで、再度メール送信いただくか、受付が完了しているかどうか・確認のお電話をいただけますようお願いします。

また、au携帯をお使いになってのお申し込みをされる方は、事前に申込み用アドレスからの返信メール受信ができるよう、あらかじめ設定を確認していただいたうえでのお申込みにご協力をいただけますようお願いいたします。

(受講者募集)令和元年度ペアレントメンター養成研修「基礎講座」受講者募集

今年度(令和元年度)のペアレントメンター養成研修「基礎講座」募集要項を公開いたします。

基礎講座受講を希望される方は、下記掲載の5点の文書をお読みいただいたうえで、受講のご検討をお願いいたします。
7月5日(金)から申し込み受付を開始し、受講申込書等の〆切は8月30日(金)に事務局に必着とさせていただきます。

  1. 令和元年度受講者募集について(PDF 2019m-1bosyu
  2. 令和元年度基礎講座年間予定(PDF  2019m-2yotei )
  3. 申込用紙(PDF 2019m-3moushikomiyoushi
    ⇒ 受講希望者が記入し事務局へ提出(8/30必着)
  4. 養成研修受講者 受講資格申出書(PDF  2019m-4jyukoushikaku  )
    ⇒ 受講希望者が記入し事務局へ提出(8/30必着)
  5. ペアレントメンター養成研修公開講座(PDF  2019m-5koukaikouza  )
    ⇒ 9/8(日)に開催。受講希望者は参加必須の講座です
      受講希望者はチラシ掲載の申込み要項に従って別途お申込みください

2019.7.3(テレ玉ニュース)県内初 三芳町 UDフォントを全面導入/埼玉県

テレ玉のニュース報道です。

三芳町は読みやすく、見やすい文字として開発された、ユニバーサルデザインフォント=「UDフォント」を県内で初めて、役場とすべての小中学校に導入することになりました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00010003-teletamav-l11

自閉症トレーニングセミナー(3Days)申し込みを締め切りました

(参加者募集を開始しました!)2019.7.26~7.28 自閉症支援トレーニングセミナーin埼玉(3日間の実践セミナー)

上記記事で周知した「実践セミナー(3Days)」については6/28(金)をもって申込みを締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
7/26(金)の公開講座のみの参加は受付中です。

消費者庁「障がい者の消費行動と消費者トラブル 事例集」

日本自閉症協会から情報をいただきました。

事例集は2019年5月に出されたものです。
徳島県と岡山県の障害者本人を対象としたヒアリング調査によって収集した消費者トラブル事例を、その方の普段の消費行動、トラブルに関連する法律などのミニ知識、アドバイスを事例ごとにまとめています。
事例として、携帯電話販売店での契約、迷惑メールへの対応、スマホゲームの課金、サービスの複数契約、SNSなど、具体的なトラブル例が紹介されています。
また、調査から見えてきた、消費行動における障害特性が紹介されています。

https://www.caa.go.jp/future/project/project_009/
こちらからダウンロードできます。

NPO法人東京都自閉症協会発行冊子『アスペルガー症候群を知っていますか?』改訂版発行しました!

NPO法人東京都自閉症協会事務局様よりご案内いただきました
『アスペルガー症候群を知っていますか?』の改訂版が発行されたそうです。
=======

お待たせしました! 再販です。
内山登紀夫先生執筆、1冊300円。
詳しくはこちらへ。

http://www.autism.jp/news/2019/06/000952.html

=======
直接 東京都自閉症協会様へお問い合わせください。