【御礼】寄贈いただきました

2019.3.23 事務局に、日本自閉症協会発行のガイドブック3冊 (乳幼児期編、学齢期編、思春期編の各1冊ずつ)が送られてきました。
差出人のお名前がなく、どなたがお送りくださったものかわかりませんが「必要な方がいらっしゃいましたらお渡しください」「寄贈希望」 と記載がありました。

どなたかわかりませんが、会としてお気持ちありがたく頂戴いたします。
どうもありがとうございました。

【情報】埼玉県 平成31年度 発達が気がかりな子を持つ「親自身の心の悩み相談会」

埼玉県では、平成31年度も発達が気がかりな子を持つ「親自身の心の悩み相談会」を開催します。
チラシ内容をご確認のうえお申込みください。

1 開催日 別添の案内チラシのとおり H31相談会チラシ
2 会 場 埼玉県発達障害総合支援センター 相談室
3 対 象 埼玉県内(さいたま市を除く)に在住の発達障害やその特性のある子供(概ね18歳まで) を育てる親
4 定 員 各相談日3名(個別相談50分) 予約制
5 費 用 無料
6 内 容 公認心理師による相談会
※お子さんの診断や治療に関する相談にはお答えできかねます。

2019世界自閉症啓発デー 応援メッセージ募集

世界自閉症啓発デー日本実行委員会では、4/2の世界自閉症啓発デーに合わせ、自閉症や発達障害のある方とその家族への応援メッセージを募集しています。
https://bit.ly/2WaTlV7
上記公式サイトから入力できます。ぜひご協力ください。

2019.4.2 世界自閉症啓発デーin埼玉「もっと知ってください。自閉症のこと。」

会員の皆さんにはすでに機関紙「すまいる3月号」でお知らせしていますが、当会で実施する世界自閉症啓発デーにおける啓発活動のご案内です。春休み中のお子さんも一緒に活動しませんか?

① 3月31日(日)事前準備
4月2日の啓発イベントを前に、当日配布する啓発チラシとポケットティッシュの事前準備作業を行います。
埼玉県障害者交流センター 会議室1.2 にて。10:00~15:00まで
都合のつく時間だけの参加でも構いません。
※ ホチキスをご持参いただけると助かります。

② 4月2日(火)作品展搬入・準備 
埼玉県障害者交流センター 1Fロビーにて。
役員は9:30頃から集まって会場設営をしています。
展示可能な作品があるようでしたら、直接持ち込みいただいても構いません。
もちろん、準備のお手伝いだけでも大歓迎です。

③ 4月2日(月)啓発イベント
JRさいたま新都心駅 自由通路にて。
当日は、「世界自閉症啓発デー」ならびに「埼玉県自閉症協会」の旗が立っています。
13:00~13:15の間に現地集合してください。
13:30~ 啓発チラシ&ポケットティッシュ配布
【持ち物】
ブルーが自閉症啓発のカラーとなっています。 青いバンダナや青い小物などお持ちであれば手や首に巻くなど身に着けてアピールをお願いします。

コバトンとさいたまっちも参加予定です!

④ 4月9日(火) 作品展搬出 
埼玉県障害者交流センター 1Fロビーにて。 10:30から。
作品をお出しいただいた方、この日直接受け取りに来ていただく形でも構いません。

①~④の活動に参加される方は「どれに参加するか」を所属地区長までご連絡ください。

【情報】さいたま桜高等学園のニュース

さいたま桜高等学園 フードデザインコース 3年生 が考案した「もっちりしたさくらあんぱん」が、 2 月 26 日(火)から関東甲信越のローソン店舗で発売されるそうです。
詳細は、以下、さいたま桜高等学園HPのトップページからご覧いただけます。
http://www.saitamasakura-sh.spec.ed.jp/

【講演会】3月3日埼玉県民向け講演会 発達障害の理解と支援~子どもから大人までの発達障害の臨床経験から~

「発達障害の理解と支援~子どもから大人までの発達障害の臨床経験から~」
講師:信州大学医学部子どものこころの発達医学教室教授 兼 信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部部長 
本田 秀夫 氏  精神科医

日時 平成31月3月3日(日曜日)13時30分~16時(受付開始13時)
対象 埼玉県にお住まいの方。300名(先着順・椅子席のみ)
※お子様の同席はご遠慮いただいております。
会場 埼玉県発達障害総合支援センター 研修室
申込み等の詳細は以下のURLから
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b0614/documents/images/30kenminmuke.html
申込み期限 平成31年2月12日(火曜日)
定員に達した場合、申込期限より前に締め切ることがあります。

【講演会】2月16日埼玉県民向け講演会 子供・子育てフォーラム~発達障害のあるお子さまに寄り添うために~

子供・子育てフォーラム~発達障害のあるお子さまに寄り添うために~ 
講師:白百合女子大学人間総合学部発達心理学科 教授 宮本 信也 氏 
小児科医・前 筑波大学副学長

日時 平成31月2月16日(土曜日)10時~12時(受付開始9時30分)
対象 埼玉県にお住まいの方。300名(先着順・椅子席のみ)
※お子様の同席はご遠慮いただいております。
会場 埼玉県発達障害総合支援センター 研修室
申込み等の詳細は以下のURLから
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b0614/documents/images/30kodomokosodateforum.html
申込み期限 平成31年1月25日(金曜日)
定員に達した場合、申込期限より前に締め切ることがあります。
◆主催:埼玉県・公益財団法人 明治安田こころの健康財団
◆後援:明治安田生命保険相互会社 







【アンケート〆切延長:H31.1.11(金)まで】『発達障がい者の公共トイレの利用に関するアンケート調査』

JDDnetからの情報です。
回答期限を延長したそうです。ぜひ調査にご協力ください。

~発達障がい者の公共トイレの利用に関するアンケート調査~

このたび、発達障害者が街の中で公共トイレ(デパート、ショッピングモール、公園、レジャー施設、役所、駅、空港など)を利用する際のニーズを把握するアンケート調査をTOTO株式会社が実施します。この調査表の作成や今後の集計/分析には、JDDnetも協力をしています。ぜひご協力のほどよろしくお願いいたします。
https://jddnet.jp/

(回答期限:2018年12月19日(水)17時まで ⇒ 2019年1月11日(金)まで)

【〆切延長H30.12.26まで】2019.1.14 発達障害のある人のための空港&搭乗体験ツアー in 成田空港2019

JDDnetからのお知らせです。
申込み〆切を延長されたそうです。参加ご希望の方はぜひお申し込みください。

日時:2019年1月14日(月・成人の日) 10:00~12:30 
会場:成田国際空港 
定員:20名(※ご家族の同伴は3名まで) 
対象者:発達障害者(年齢は問いません。)
(1)失敗体験の予防の観点から、ご本人が、「パニック等の心配がない程度の方」。
(2)ご本人やご家族が、主催者や報道機関等による「撮影や掲載等に同意いただける方」。 

参加費:無料(成田空港までの交通費、宿泊費は出ませんのでご了承ください。) 

参加方法:https://jddnet.jp/event190114/から(1)応募用紙、(2)撮影・掲載同意書をダウンロードし、記載の上、JDDnetまでメールまたはFAXにて送付ください。
メール:office@jddnet.jp
FAX: 03-6721-7818 

申込締切:2018年12月21日(金)必着 ⇒ 2018年12月26日(水)まで延長
応募用紙を確認の上、JDDnetが参加の可否を判断させていただきます。
参加者選定結果については、1月5日までにメールにて通知いたします。 

体験ツアーの内容
1.空港の会議室に集合
2.案内カウンターで場所や時間を尋ねる体験
3.搭乗手続きカウンター、保安検査場、搭乗口への移動体験
4.搭乗、機内でのドリンクサービス、降機の体験
5.空港の会議室で閉会式

1~5は、参加者とご家族が一緒に行動いたします。
3~4は、いくつかのご家族が一緒のグループになって行動します

お願い
1.ツアー申し込みに際し、主治医がいる場合は主治医にご相談ください。
2.参加されることになった場合、ご本人の体調が悪いときは無理をせずに参加を注視してください。

※その他詳細は【応募用紙】、【撮影・掲載同意書】をご覧ください。