【申込締切:1.22まで】2020.1.25 トレセミフォローアップ研修会 公開講座

【HPでのご案内一部修正】(参加者募集)2020.1.25 トレセミフォローアップ研修会 公開講座

上記公開講座について。まだ若干の残席がございますが、資料準備がありますので「2020.1.22(水)にて」申し込みを締め切ります。
参加希望の方はお早めにお申し込みください。

【情報】埼玉県障害者交流センター エレベーター改修工事のご案内

埼玉県障害者交流センターでは、下記の日程にて障害者交流センターのエレベーター改修工事が行われることになりました。
ご利用の方はご注意ください。

******

障害者交流センターご利用者の皆様へ
下記の日程にて障害者交流センターのエレベーター改修工事を実施させて頂きます。
工事期間中エレベーターは1台のみご利用となります。
また作業内容によりましては騒音が発生する場合がございますのでご了承願います。誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。   

工事期間: 令和2年1月6日(月) ~ 令和2年3月26日(木)
1.本工事期間における停止期間は下記の通りとなります。
  (1)対象エレベーター(No2号機)(向かって左側)
    1月 6日(月) 9:00 ~ 2月14日(金)23:00
 (2)対象エレベーター(No1号機)(向かって右側)     
   2月15日(土) 8:00 ~ 3月26日(木)17:00
 ※上記期間中は定期的に作業休日がございます。

【HPでのご案内一部修正】(参加者募集)2020.1.25 トレセミフォローアップ研修会 公開講座

(参加者募集)2020.1.25 トレセミフォローアップ研修会 公開講座

上記記事にて参加者募集を開始いたしました1月25日(土)のトレーニングセミナー公開講座について、一部修正箇所がございます。

ホームページ上で公開しておりましたチラシには参加対象を「どなたでも」と表記しておりましたが、本県のトレセミは県内の支援者養成の一面もあることから、「埼玉県内在勤の方ならどなたでも」と修正させていただきます。
大変申し訳ありませんがご了承くださいますようお願い申し上げます。

チラシはこちらから 2020-01-25公開講座チラシ(HP修正版)

【セミナー案内】2020.3.7 特定非営利活動法人FRONTIER主催 今本 繁氏セミナー

特定非営利活動法人FRONTIER様よりご案内をいただきました。
上尾市で「放課後デイサービスきぼう」 を運営されている法人です。

******

「明日から取り組める行動理解と対応セミナー」講師:今本 繁 氏

日時:2020年3月7日(土)10:00~16:20(開場 9:30)
会場:鴻巣市文化センター クレアこうのす
参加費:2000円
定員:85名

申込方法、詳細が記載されたチラシはこちらから

【セミナー案内】2020.2.29~3.1 川崎医療福祉大学 令和元年度TEACCHトピックセミナー

川崎医療福祉大学TEACCHトピックセミナー事務局様よりご案内をいただきました。

******

テーマ「ASDをめぐるTEACCHとその関連領域」

日時 令和2年2月29日(土)10:00~17:00
   令和2年3月1日(日)9:30~12:00
会場 川崎医療福祉大学講義棟4F 4603教室(岡山県倉敷市松島288)

申込等の詳細が記載されたチラシはこちらのHPから
https://w.kawasaki-m.ac.jp/center/teacch/pdf/topic_tirasi2019.pdf

(参加者募集)2020.1.25 トレセミフォローアップ研修会 公開講座

『自閉症の学習スタイル』 宇山 秀一 氏 
『トレーニングセミナーをモデルとした人材育成
   -アセスメントから導く構造化された支援-』 米澤 巧美 氏
社福)横浜やまびこの里 横浜市発達障害者支援センター 発達障害者地域支援マネジャー

毎年夏に開催している自閉症支援トレーニングセミナーでは、3日間コース受講修了者を中心としたフォローアップ研修を開催しています。
このフォローアップ研修のうち、午後のプログラムを公開講座とし、広く参加を募ることとしました。
講師のお二人は現在、横浜市の発達障害者地域支援マネジャーを務めておられ、大変豊富な経験をお持ちです。より実践的な学びの機会になると思います。
多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

日時 令和2年1月25日(日)13:15~16:00 (受付12:45から)
会場 埼玉県立さいたま桜高等学園 こばとんホール
参加費  無料
持ち物  :  筆記用具 上履き 
※机がご用意できない場合もあるため、バインダーなどをご用意いただくとよいかもしれません
※昼食は会場でお取りいただくことが可能ですが、ゴミは各自お持ち帰りください

〆切 定員120名 定員になり次第〆切
申込先 trasemi◆as-saitama.com (◆の部分を@に変えてお送りください)

チラシはこちらから 2020-01-25公開講座チラシ(HP修正版)

(参加者募集)【研修】2020.2.2 当会主催研修会「自閉症児・者の入れる保険を探してみませんか」

日時 令和2年2月2日(日)13:15~16:00 (受付13:00から)
会場 埼玉県障害者交流センター 研修室3.4
参加費  当会会員無料  非会員1000円
〆切 令和2年1月28日(火)定員になり次第〆切
申込先 kensyu◆as-saitama.com (◆の部分を@に変えてお送りください)

<お招きする保険会社>

  • ぜんち共済株式会社(ぜんちあんしん保険)
  • 全国知的障害児者生活サポート協会(生活サポート統合保障制度)
  • 日本コープ生活協同組合連合会(CO-OPたすけあい)
  • ASJ保険(自閉症スペクトラムのための総合保障)

チラシはこちらから 20200202研修会お知らせ

(参加者募集)ASD勉強会 2020.2.24「余暇・社会性について」

次回 第5回ASD勉強会について参加者募集を開始いたします。
今年度最後の勉強会となります。ぜひご参加ください。
*********
2020.2.24(祝)10:00~16:00
埼玉県障害者交流センター 研修室1.2
「余暇・社会性について」 講師:米澤 巧美 氏(横浜市発達障害者支援センター)
*********
参加ご希望の方はお早めにご連絡ください。
(間際のお申し込みは受けられない可能性もあります。)
また、勉強会のメンバー登録されていても、お申込みがない場合はお受けできませんので、その旨ご承知おきください。

たくさんの方のお申し込みをお待ちしております。

ASD勉強会全体のチラシ(最新版)はこちらから 2019ASD勉強会チラシPart5
お申込み方法などの詳細はチラシでご確認ください

(参加者募集)2020.1.15幼児学齢期グループ活動

次回の幼児学齢期グループ活動のご案内です。

この会は、前半はお子さんの様子や近況をお話ししていただくおしゃべり会、後半はお話いただいた内容をふまえ、自閉スペクトラム症の特性などについての勉強会、という形で運営しています。
いろいろなお話を聞かせてください。当会の先輩ママたちがお待ちしています。
(事前申込制です。当日の飛び入り参加はできません)

======
1月15日(水)10:30~12:30
埼玉県障害者交流センター 和室2(昼食持参可)
======

★通常は「奇数月第二火曜日」に開催しておりますが、1月の場合
 7日ではまだ園や学校が始まっていないこと
 14日は会場の障害者交流センターが休館となってしまうことから
 1月15日(水)に変更いたします。お間違えなきようお願いいたします。

中3までのお子さんをお持ちの保護者の方対象 
お申し込みは開催日1週間前の18時までに、埼玉県自閉症協会事務局まで
(会員は所属地区地区長へのメールでもOKです)
参加者氏名・所属地区・連絡先・当日話したいこと の4点をお知らせください
非会員の方はメールフォームをご利用ください 

参加費 埼玉県自閉症協会会員は無料 
*非会員の方もお試し参加の1回は無料ですが、2回目からの参加は1回1,000円

きょうだい児をお連れいただいても大丈夫ですが、きょうだい児のお子さんの保育はありません。お気に入りのおもちゃや飲み物・食べ物などはご持参ください

★3月は、3月10日(火)に開催予定です。

【書籍】知的障害や発達障害のある人との コミュニケーションのトリセツ/坂井 聡 著

毎年夏のトレーニングセミナー公開講座で講師としていらしていただいている坂井聡先生よりお知らせいただきました。(坂井先生 ありがとうございます!)

*******

エンパワメント研究所 ¥1,980

このたび、エンパワメント研究所から
「知的障害や発達障害のある人との コミュニケーションのトリセツ」
と題した書籍を刊行させていただきました。

私は、かつて2002年に「自閉症や知的障害をもつ人との コミュニケーションのための10のアイデア」を刊行させていただき、おかげさまでその後17年間で23,000部も発行されました。
しかし、その後、障害者をとりまく環境にはさまざまな変化がありました。
障害者に対する考え方や法律・制度にも大きな変化や進展がありました。
また、障害をもつ人たちとのコミュニケーションをサポートする機器やICTと呼ばれる情報通信技術の環境も大きく変わりました。
とりわけ、スマホや携帯型情報端末の進化、さらにはそれらを利用して活用されるアプリの開発などは実に日進月歩です。
本書では、そうした変化をもふまえつつ、障害をもつ人とのコミュニケーションという変わらない問題についての、決して忘れてはならない視点についてまとめてみました。
機会がございましたら、お手にとってお読みいただると幸甚です。

お求めは下記からお願いいたします。
特典付きチラシ(1冊でも送料無料・10冊以上の注文で特価)
https://bit.ly/2OsjFrs
スペース96のネット書店
https://bit.ly/33ZMxxV
エンパワメント研究所のネット書店
https://bit.ly/341lzGd

電子書籍
https://bit.ly/36sTlVH
★Amazon
https://amzn.to/32ZFS5N

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。