投稿者「管理者」のアーカイブ

自閉症eサービス@かながわ 研修についてのご案内(延期等)

【情報】自閉症eサービス@かながわ設立!

上記記事でご案内している「自閉症eサービス@かながわ」の研修についての情報です。
******
<延期のお知らせ>自閉症eサービス@かながわ
・5月2日の設立記念公開講座の延期のお知らせにつきまして
◯首都圏における新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、設立記念<公開講座>の延期を決定いたしました。
◯延期後の日程 5月2日(土)から6月27日(土)13:00-16:00 場所 生活創造空間にし<予定>
※社会的な状況からさらなる変更となることがあります。その際には必ず追ってのご案内をいたします。
◯公開講座以降の各講座<ベーシック(基本講座)・ステップアップ(中級講座)・プラクティカル(実践講座)>につきましても、日程の延期・内容の変更を検討しております。
◯年間パスご購入の皆さまへ
1.上記の事由により、年間パスの発行手続きに支障が生じています。4月中旬より順次発行させていただきます。
2.年間の研修プログラムの内容を変更せざるを得ない状況から、正規の研修プログラムは本年2020年の下半期からを予定しております。
3.社会的状況から本年中に研修プログラムを開催できない場合には、年間パスを2021年も使用できるよう検討いたします。
◯自閉症eサービスのHPサイトにも順次情報をアップしていきますのでご確認ください。
http://www.jiheishou-e.com/
******

 

Blue Love Saitama 2020 ~僕の・私の青を集めよう~

2020年の世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当会の啓発活動はもとより、全国各地の啓発活動も中止となっています。

そこで、埼玉県自閉症協会では「家庭から思いを発信しよう!」ということで、
会員の皆さんからたくさんの「青」そして「思い」を送っていただきました。
こちらのページからご覧ください。

★会員の皆さん
皆さんがお持ちの「青いもの」「お子さんが大好きなもの」そして「思い」をぜひお寄せください。
事務局宛に、「地区名・お名前」と共に写真データをお送りいただければありがたいです。
ページを「青」でいっぱいにできたらと思っております。お待ちしています。

【情報】世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間 埼玉県のライトアップ情報

【埼玉県のライトアップ情報です】

世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間~県内の建物やオブジェがブルーにライトアップされます~

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0331-03.html

【情報】自閉症eサービス@かながわ設立!

「自閉症支援を生活のすみずみに」を理念とする特定非営利活動法人自閉症eサービス
今春、関東初!自閉症eサービス@かながわが設立の運びとなりました。
5月2日の開設記念公開講座をはじめとした、年間計画が記載されているチラシを掲載します。
多くの方々のご参加をお願いいたします。

自閉症eサービスかながわチラシ表
自閉症eサービスかながわチラシ裏

【情報】埼玉県 令和2年度 発達が気がかりな子を持つ「親自身の心の悩み相談会」

埼玉県発達障害総合支援センターより案内いただきました。

新年度、発達障害に係る支援事業の一環として、発達が気がかりなお子さんを持つ親御さんを対象に下記のとおり相談会を開催します。
参加をご希望の方は、チラシ内容をご確認のうえ、お申込みください。

1 開催日 別添の案内チラシのとおり R2親相談会チラシ2
2 会 場 埼玉県発達障害総合支援センター 相談室
3 対 象 埼玉県内(さいたま市を除く)に在住の発達障害やその特性のある子供(概ね18歳まで)を育てる親
4 定 員 各相談日3名(個別相談50分) 予約制
5 費 用 無料
6 内 容 公認心理師による相談会
     ※お子さんの診断や治療に関する相談にはお答えできかねます

【情報】世界自閉症啓発デー2020応援メッセージへのご協力のお願い

世界自閉症啓発デー2020につきまして、日本実行委員会の公式HPで応援メッセージを募集しております。

下記URLから書き込みが可能となっておりまして、多くのメッセージを募集しておりますので
皆様や関係者の方々にご協力いただきたくよろしくお願い申し上げます。

http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/
※TOPページの左下「応援メッセージの募集」から。
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=901(直リンク)

【情報】「不確実な時に自閉症の人を支援するということ 」

諏訪利明先生がいらっしゃる川崎医療福祉大学ホームページに「不確実な時に自閉症の人を支援するということ 」として、メッセージが記載されています。
ホームページには、先生方が翻訳されたメッセージがPDFで掲載されていますので、ぜひご覧ください。

https://w.kawasaki-m.ac.jp/data/6278/topicsDtl/

*****(以下、川崎医療福祉大学HPより引用)*****

ノースカロライナ大学の自閉症支援・研究の専門家の一人であるカラ・ヒューム先生から、日本にひとつの記事が送られてきました。

その内容は、ノースカロライナ大学のフランクポーターグラハム児童発達機関の自閉症チーム(Frank Porter Graham Child Development Institute Autism Team)からの発信で、新型ウィルスがいつ収束するのか、はっきりした見通しもなく不安な思いで生活しているASDの人たちに向けて、そしてその支援にあたっている家族や支援者に向けての心強いメッセージでした。具体的な方略が7つにまとめられて書かれており、とてもわかりやすい記事です。もう少し読みやすい形にできないかな、と思い、そこで、今回、本学社会連携センターTEACCH Autism Programでは、職員全員で、その記事を急遽翻訳して大学のHPでも発信することにしました。(この翻訳は日本のTEACCHプログラム研究会のHPでも発信しています。)拙訳ですし、時間のない中で、できるだけを訳してみました。どうぞ参考にしてみてください。

今回、彼らの動きに触発されて大学としてこうした発信ができることを、本当に誇らしく感じました。これからも自閉症の人たちとその家族を中心に、支援する人たちと共に考える、そうした発信を続けていきたいと思いました。

川崎医療福祉大学
社会連携センター
TEACCH Autism Program
諏訪利明、下田茜、小田桐早苗、重松孝治

*****(引用ここまで)*****

【情報】内山登紀夫先生インタビュー記事

日本自閉症協会からの情報です。

日本自閉症協会では、DVD「自閉症とともに~自閉症の理解と支援~」を販売しておりますが、
この度、四谷学院のホームページ内にて、DVD監修者のお一人である内山登紀夫先生の
インタビュー記事が掲載されているそうです。
ぜひご覧ください。
自閉症について知ろう! 内山登紀夫先生【専門家インタビュー】

【情報】「かえるカフェ」さんでは「大人の発達障害当事者がくつろげるカフェを作りたい!」とクラウドファンディングを行っています

「かえるカフェ」様からご案内をいただきました。

発達障害当事者が発達障害当事者のために運営するカフェ(就労継続支援B型事業所)を開店したいと、クラウドファンディングを行っています。
埼玉県でのオープンを予定しているそうです。
ご興味がある方・詳細は、以下のページへ。どうぞよろしくお願いいたします。
https://camp-fire.jp/projects/view/236044

【活動中止】当会「すまいる作品展」

【日程変更】当会「すまいる作品展」の日程が変更となりました

上記記事でご案内しております、2020年4月1日からの「第29回すまいる作品展」ですが、
会場である埼玉県障害者交流センターが4月21日まで休館延長されたことに伴い、
大変残念ですが中止とさせていただきます。

いつも、子どもたちの作品を楽しみにしてくださっている方には大変申し訳ありません。